burog

 

投手であれば必ず
練習メニューの中にあるもの
それはランニングです!

 

ではそのランニングメニューを
行っていく中であなたは
どのようなことを意識し
どのようなことを注意していますか?

 

今回はそのランニングメニューの一つ
ダッシュでのポイントを
4つ紹介したいと思います。

 

ポイント①

まず1つ目
走り出す時の姿勢です。

 

ダッシュというのは
一瞬で爆発的な瞬発力
出さなければなりません。

 

走ることに限らず
ピッチングでも
瞬発的な力が求められます。

 

それは一瞬で力を出せる選手ほど
スピードボールを投げることが
できるからです。

 

そこでダッシュの際に
大切にして欲しいのが
1歩目を踏み出した時の姿勢です。

IMG_1281

写真のように
素早く前足を出したところに
上体を入れることで
『くるぶし・膝・肩』の3点が
一直線になっていると思います。

 

このポジションに
素早く入れることが
一瞬で爆発的な力を出す
ポイントとなります。

 

走り出しに前足を引くという選手も
同様にこのポジションに上体を
早く入れることを心がけましょう。

IMG_1282

前足を引いてスタートする時には
上体をそこまで倒すことはありません。

 

いかに早く3点を一直線で
結んであげられるかどうかが
スタートのポイントです。

 

ポイント②

2つ目のポイント
試合に合わせて
ダッシュを行うことです。

 

試合が近くなると
疲労が溜まるからといって
ランニングメニューを
控えていませんか?

 

試合が近くなればなるほど
短い距離のダッシュ
行ってほしいと思います。

 

そうすることで
ピッチングで大切な
体のキレを出すことが
できるようになります!

 

反対に
長い距離のランニング
試合が終わってから
行うとよいでしょう。

 

そうすることで
次の日に疲れが
溜まりにくく
なるので
特に試合後はロングジョグなどの
ランニングメニューを
入れるようにしてみましょう!

 

ポイント③

3つ目は
インターバル走を取り入れることです。

 

インターバル走というのは
一定の距離を走り
少し休憩を取りながら
ダッシュを繰り返していくメニューです。

 

例えば
100mをダッシュし20秒休憩
また100mダッシュし20秒休憩
といったように
ダッシュと休憩を交互に取りながら
行うランニングメニューが
インターバル走になります。

 

インターバル走を
ピッチャーがする目的は
試合での攻守の切り替えを
練習するためです。

 

試合の中では当然
守備と攻撃があります。
守備の時は全力で投球をし
攻撃の時は打席が回ってこなければ
しっかり体を休めることが必要です。

 

インターバル走はまさにその
攻守の切り替えである
少し休憩をとって
すぐに全力を出すための
練習になるのです。

 

ポイント④

4つ目のポイント
どこに負荷をかけるのかを意識して
ランニングを行うことです。

 

前ももに負荷をかけ過ぎるのではなく
お尻周りの筋肉を使っている
という意識でランニングを
してもらいたいと思います。

 

お尻周りの筋肉を意識して
動かすことにより
野球のプレーで必要な
・体重を溜める動作
・捕る動作
・打つ動作
・投げる動作
などのプレーに活きてきます。

 

ですので
プレーをスムーズに行うためにも
お尻周りの筋肉を鍛えることを
ランニング時に意識しましょう。

 

ランニングをただこなすだけ
ならないように
以上4つのポイントを
意識してぜひ練習を行いましょう。

 

そうすることで
あなたのピッチングは
180度変わるでしょう!

 

ピッチャーの練習をレベルアップ!

BASEBALL ONEの
オンラインセミナーでは
ピッチャーのための
トレーニングをご紹介しています!

 

ダッシュもそうですが
ただ闇雲にやるのではなく
しっかりと意識することで
トレーニングが
ピッチングに繋がっていきます!

 

オンラインセミナーでは
実際の投球動作と
トレーニング方法を
ご紹介しています!

 

▼オンラインセミナーはこちらから▼

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10