ロゴ

こんにちは!

BASEBALL ONE

ゆうじ

大崎裕司です!
あなたは
ホームスチールをした経験がありますか?

 

高校や大学・プロのレベルまでいくと
なかなか見る光景はないかもしれませんね。

 

しかし!

 

今このブログを見ながら
あなたも思ったかもしれませんが
「小学生の頃だったらやった事がある!」
という方も
少なくないのではないでしょうか?

 

 

僕自身も小学生の頃は
バッテリーに隙があれば
よくチャレンジしていた覚えがあります。

 

 

ホームスチールと聞いて
色々思い浮かべると思いますが
一般的に成功しやすいケースは
ランナー1・3塁でのダブルスチール
ではないでしょうか?

スクリーンショット 2017-03-09 14.31.49

 

このケースはプロのレベルでも
たまに目にするかと思います。

 

 

特に昨シーズンから
コリジョンルールが導入され
この1・3塁でのダブルスチールは
よく使われるようになりました。

 

 

これは
1塁ランナーと3塁ランナーとの
連携プレーでもありますし
実際にこの練習をしているチームも
あるかと思います。

 

 

決して簡単ではないですが
1点を取る為に1塁ランナーが
引きつけてその間に3塁ランナーが
ホームインするというのは
下位打線などで
どうしても一点が欲しい場面では
よく取られる作戦です。

 

 

では、
3塁ランナー単独での
ホームスチールはどうでしょうか?

 

 

イメージしても
なかなか成功のイメージは
つきませんよね、、、、、

 

 

しかしながら
この「ホームスチール」
小学生だからこそ成功する可能性が
高いのです!

 

 

そんなホームスチールで
一番大切になってくるのが
『タイミング』です。

 

 

ここでの『タイミング』とは
いくつかのポイントに分かれますが
簡潔に言うと
相手バッテリーが
『1番気が緩む』タイミング
スタートを切る事が大切になります。

 

スクリーンショット 2017-03-09 14.32.26

これは
・ピッチャーの投球動作後
・キャッチャーからピッチャーへの返球後
・集中力のきれやすい小学生だから

などのタイミングや理由だけではなく
・どのような試合の状況か
・バッテリーが何を考えているのか、
という心理的な面も
非常に重要になってきます。

 

このタイミングにプラスして
一番大事なのが小学生特有の
『思い切り』『遊び心』です。

 

 

この2つがあるからこそ
ホームスチールに
チャレンジする事ができるのですが、
中学・高校・大学と
上のステージに行けば行く程、
チームの決まり事や
ミスしてはいけないという心理が働き、
この2つの気持ちが
どんどん薄れていき
ホームスチールをする機会を
逃してしまうのです。

 

 

単に
この2つがあるからホームスチールが
できるというわけではありませんが、
いい走塁をする上では
非常に大事な要素になってくる事は
間違いありません。

 

 

「思い切り」「遊び心」がある事で
塁上で様々なことを考える事ができ
相手の事も観察するようになります。

 

 

それが結果的に
相手の隙をつくプレー、走塁に
繋がっていくのです。

 

 

もちろん!
勇気のいるプレーではありますが
小学生だからこそできる
プレーでもあるので
小学生の選手は
是非、実践してみてほしいです!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録