バッティングやピッチングで
フォロースルーは大きいと良い!
と言われたりするものです。

このフォロースルーとは、、、

バッティングでいえば
インパクト(バットにボールが当たる瞬間)から
振り終わるまでのスイング軌道のこと

ピッチングでいえば
リリース(ボールを離す瞬間)後の
腕のスイングのこと
を言います。

 

ではなぜ?
フォロースルーが大きいと良いのでしょうか?

 

バッティングやピッチングの時に
大切な場面は、、、

バッティングで言えば
インパクトの瞬間

ピッチャーで言えば、
リリースの瞬間

この瞬間に
力を100%ボールに伝えたいものです。

 

きっとあなたも
インパクトやリリース時に
力を発揮しなければならない
理解していることでしょう。

 

しかし!

この
「力を発揮しなければならない!」
という意識が
100%ボールに力を伝えられない
原因になっているかもしれません。

 

どういうことか?

力を入れる、
力が入っている状態のことを
『力み』と勘違いしている
選手が多くいます。

 

あなたが持っている力を
100%発揮するためには、、、

体重移動を行い
下半身から指先へと
順番に力を入れていくことで

全身の力をボールに
伝えることができます。

しかし
力を入れようとする意識から

体重移動の段階で
腕や指先が力んでしまい
本来の力を発揮できない…
というケースがあるものです。

 

力んでしまうと
動きがかたくなってしまい
スピードも失われてしまいます。

 

加速しなければならないところで
加速できなければ
力は発揮できません。

 

大切なことは!
「力が入っているか?」ではなく!

インパクトの瞬間、
リリースの瞬間に
1番加速した状態になっているか?

ということなのです。

そもそも、、、

バッティングでの
インパクトの瞬間を時間にすると
『約0,0001秒』程度です。

このわずかな時間に対して
「力が入った!」
と感じることは難しいです。

 

リリースの瞬間、
インパクトの瞬間に
一番加速した状態へ
持っていくことを
力が入った状態と言えます。

 

そして加速していくからこそ!
勝手にフォロースルーが
大きくなっていくのです!

 

「フォロースルーが大きいことがいい!」

こう聞いた時に
ただ腕のみで大きく動きを
取ろうとしていませんか?

 

それでは
球速も上がりません。
飛距離もアップしません。

 

ケガのリスクを高めてしまっているだけです!

 

力の入れ方を知ることで
パフォーマンスは大きく向上してきます!

 

加速されているか?
という点を頭に入れて
練習に取り組んでみてください!

 

加速した状態を作るためにも
動き出しの【瞬発力】
大切になります!

 

瞬発力向上トレーニングプログラムでは
瞬発力を上げるトレーニング方法を
ご紹介しています!

 

技術練習と並行して
瞬発力向上トレーニングにも
取り組んでください!

▼瞬発力向上トレーニングプログラムはこちらから▼