高校野球ではプロ野球と違い
トーナメントでの戦いとなり
短期間で負けられない戦
強いられるものです。

 

野球は
ピッチャーが
試合の勝敗の7割程を
占めるとも言われ

特に!高校野球では
ピッチャーの良し悪しで
結果が大きく変わって
しまうものです。

 

公式戦でいかに!
最高のパフォーマンスを
出していくのか?
ということが
とても大切となっていきます。

 

あなたのチームの
ピッチャー陣の仕上がりには
ご納得されていますか?

 

もし!

・ピッチャーが育たない
・1枚しかピッチャーがいない
・公式戦になると乱れてしまう

という状況のチームに
ピッチャーを
コーチングする際の
注意点について
シェアさせていただきます。

 

キャッチボールの徹底

まず取り組みたいことは
「キャッチボールの徹底」です。

 

キャッチボールが大事!
そうあなたも理解し
選手に伝えていることでしょう。

 

選手自身もキャッチボールが大事と
頭では理解しているはずなのですが
毎日行うキャッチボールを
疎かにしてしまうことがあるものです。

 

選手に
「調子はどう?」
そう聞くと
「ピッチングしていないのでわかりません」

そう答える選手がいたりするものです。

 

しかし!

自分の状態を確認するために
キャッチボールをしているのであれば

ピッチングをしていなくても
自分の状態がどのような感じか
わかってくるものです。

 

キャッチボールでは

投球のバランス、タイミングが
平地の状態でどのように
投げることができているのか?

もっと良くなるためには
どうしたら良いのか?

こうしたことを考えながら
キャッチボールを行うことを
習慣化していかなければいけません。

 

ブルペンでの取り組み

先ほどお話しました
キャッチボールがあり
ブルペン練習に繋がります!

 

キャッチボールで行った

・その日の状態の確認
・新しく感じたこと

などをブルペンで
試していくというわけです!

 

 

キャッチボールを
ただの肩慣らしで
終えてしまうと…

ブルペン練習で初めて
自分の状態を感じ取り

そこからどうしようかと考え

気づいたら球数が増えてしまい
何も解決しないまま

ブルペン練習を終えてしまう
こととなります。

 

そんなブルペン練習は
無意味ですよね!

 

ですからまずは!
キャッチボールの徹底

そしてそこから
ブルペンでの取り組み
が重要となります!

 

ここからはその
ブルペン練習での
ポイントについて
お話を進めていきましょう!

 

判断を一瞬で行うことを習慣化

ブルペン練習でのポイント1つ目が
「判断を一瞬で行うことを習慣化」
することです。

 

一発勝負の公式戦では
練習では予期せぬことが
平気で起きるものです。

 

この予期せぬことにも
対応できるよう
物事を瞬時に決断し
自分の投球、行動に
対して責任を持つことを
毎日の練習の中から
行っていかなければなりません。

 

ピッチャーというポジションは
大事な試合と意識してしまうと
パフォーマンスを
十分に出すことができないまま

敗戦してしまうことも
決して珍しくありません。

 

ブルペン練習の姿を見れば
どのような目的、考え方で取り組み
ピッチングを行っているのか?
判断できるものです。

 

ブルペン練習を行っている際に
一喜一憂してしまうのであれば
注意する必要があります。

 

必ず!
目的・テーマを決め
ピッチングを行うことを
取り組んでください。

 

こうした積み重ねが
大事な場面でも
冷静な判断や決断することへと
繋がっていくものです。

スクリーンショット 2017-02-19 13.18.20

 

技術的な確認

考え方ももちろん大切ですが
技術的なポイントを
押さえることも必要です!

 

そしてその押さえたい
ポイントというのが…

「ストレートはコース、
 変化球は低めに
   投げられるかどうか」

ということと

「ストレートと変化球の
   フォームの違いがないか」

ということです。

 

高校生となると
ストレートがいくら速くても
それだけでバッターを
抑えていくことはできません。

 

変化球を使いながら打者を
抑えていくことになります。

 

その中で、コントロールとして
ストレートはコース、高低の投げ分け
変化球は低めに投げられるか
ということが重要となってきます。

 

これには、
投げる投手自身が
自分自身のボールの軌道を
分かっていかないとできません。

 

リリースしたところから
キャッチャーミットに入るまでの
軌道を描いていくことで
その軌道に向かって体を動かしていく
という状態です。

 

そのための
フォームの安定というのを
チェックしていきます。

 

また、ストレートと変化球の
フォームの違いが出てしまうと

どれだけキレがある変化球を
投げられるとしても
打者からは何が投げられるか
分かるため対応されてしまいます。

 

クセだったりというのも確認します。

このポイント2点については
練習のときから確認していき
試合でも映像を撮るなどして
見ていきたいポイントになります。

 

試合での確認

試合で確認していきたいポイントは

「クイック」
「ランナーが出たときの間合い」
「四死球の考え方」

です。

 

まずはクイックについてですが
クイックを出来る、出来ないは
もちろん大切です。

 

しかしまずは
クイックをした際に
ボールの勢いが

ワインドアップ時と変わらない
ということがポイントとなります!

 

クイックとは一体どういうフォームなのか?

ということしっかりと指導することが
ポイントともなります。

選手自身は

「クイックを早く!」

そう思っているフォームと
そこまで急がないで投げたフォームでは

クイックのタイムが
さほど変わらないことがあります。

 

実際にストップウォッチを持ちながら
サポートしてあげることで
最適なフォームを見つけることが
できるようになったりするものです。

 

そして2つ目は
ランナーが出たときの間合い
についてです。

 

ランナーが出ると常に同じ間合いで
投げてしまう投手がいます。

例えば…

セットポジションに入ってから
2秒で動き出す

セットポジションに入ってから
4秒以上止まっていると牽制しかない

といったことです。

 

リズムというのは
投球していく上でとても大切です。

 

ランナーがいるセットポジション時に
同じリズムで投げるということは
ランナーがスタートしやすい状態を
作ってしまいます。

 

その同じ間合いを逆手にとり
牽制を入れていく
ということもできますが

まずは間合いを変えながらでも
投げられるようにしていく
ということが必要となってきます。

 

そして試合でのポイント3つ目が
四死球の考え方
についてです。

 

ピッチャーとして無駄と言われる
四死球は誰もがあるものです。

 

もちろん!
フォアボールを減らしていくことが
チームを勝利に導くためには
とても大切となります。

 

しかし
ピッチャーの四死球は
野手のエラーと同じです。

 

四死球を出してしまったものを
注意しても仕方がありません。

 

「あのフォアボールが・・・」

などと試合中に悔いたところで
次のバッターに対して最高の状態で
勝負をすることはできません。

 

もちろん!
四死球を減らしていくために
鍛錬していくことは
とても大切ですが

それよりもまず!

四死球を出した後に
どうするのか?ということを
考えていくことが必要です。

 

野手の場合エラーしてしまえば
次に打席で取り返せばいいのです。

 

ピッチャーも
四死球を出した後

牽制でアウトにしたり、
フイールディングでカバーしたり
点を与えないようにしたりするなど

四死球を出した後どうするのか?

ということを常に
コーチングする必要があります。

スクリーンショット 2017-02-19 13.17.22

 

コーチングとは?

最後に
「コーチングとは?」
ということです。

 

コーチングとティーチングの違いを
理解する必要があります。

 

何度もお伝えしていますが
高校野球は負けたら終わりの
一発勝負です。

 

選手自身がそのプレッシャーに
打ち勝ち、選手が持っている力を
100%出すことが大切となります。

 

だからこそ!!
我々サポートする立場は
選手をコーチングにより
選手を導かなければいけません。

 

決して!
ティーチングになってはいけません。

 

選手自身の力で
一歩一歩前へ進むように
サポートしていくことが
大切になります。

 

「○○しないとダメだ!」
「何回先頭フォアボールを出すのだ!」

などと思うことが沢山あるかと思います。

 

しかしそこをグッとこらえ
選手自身で最適な方法、方向性を
見出していけるような
サポートをしていくことで

ピッチャーは自覚も芽生えていき
取り組み方が変わってくるものです。

 

ピッチャーというポジションは
技術面はもちろんのことですが
我々指導者の何気ない一言で

マイナス方向に捉え、
伸び悩む選手は多くいます。

 

ピッチャーを本気で
育てていこうと考えるのであれば

サポートする側が変わらなければ
一向にピッチャーは育ちません。

 

選手の個性を大切にし
選手の取り組みたい方向性を
明確にしてあげ、選手が活躍し
いい思いができるように
導いてあげてくださいね!

 

BASEBALL ONEは
選手だけでなく
指導者のサポートも
行っております!

 

「ピッチング指導のスキルを
 さらに上げたい!」

「ピッチャーをさらに育てたい!」

「常勝軍団を作り上げたい!」

そうお考えのあなたに
ピッチング専用教材
Pitcher’s Bible
をぜひご覧ください!

 

▼Pitcher’s Bible詳細はこちらから▼