こんにちは。
アスレティックトレーナー
阿部将大です!

まだまだ夏の暑い時期が
続いていきます。

 

そんな暑い中での
練習や試合を行うことで

いつも以上に
・体力を消耗してしまったり
・疲労が取れなかったり
ということがあるかと思います。

 

体力が回復していくことができなければ
・熱中症にもなりやすくなる
・思うようなプレーができない
ということもあります。

 

疲労を早く回復していくためには
休息ももちろんですが
『食事』
大事な要素になっていきます。

 

体を動かすことにも
エネルギーは必要となりますが
体力を回復していくにも
エネルギーが必要となっていきます。

 

このエネルギーを生み出すためには
何よりも食事が必要になるのです。

これは知っている方も
多いかと思います。

 

しかし実際には暑さもあり
なかなか食事が喉を通らない
ということも多いかと思います。

 

その中で食事の量を摂ったり
バランスも考えた上で食事を
摂っていかなければなりません。

 

そんな夏場の時期の
『夏バテ対策の食事』について
今回は紹介していきます。

 

まずは!
オススメの食材について
紹介していきます。

 

体作りにも大切な
タンパク質を取れる食材として
『豚肉・卵・納豆・豆腐』
というような
食材がオススメです。

 

これらの食材にはただ
タンパク質が取れるだけでなく
ビタミン類も多く含まれており
疲労回復にもつながる
食材となっております。

 

納豆や豆腐は
そのまま食べることができますし
他の食材と合わせることも可能です。

 

またうなぎやアナゴ
というような食材も
滋養強壮として
オススメの食材となります。

メルマガ

野菜類としては
オクラ・ピーマン・ニラ・
大根・玉ねぎ・ニンニク・ネギ
のような食材がオススメです。

 

野菜類にはビタミン類が
豊富に含まれています。

 

体調を調整することにおいても
野菜類は大切な食材なのです。

 

そして果物類も重要です。

 

柑橘系の果物や酸味のあるものは
疲労回復には有効的な食材になります。

 

デザートとして
果物を摂ることでより
食事の質も上がっていくのです。

 

なかなか量を取ることができない
ということも多いかと思いますので
まずは量を取れるように
麺類やスープ、さっぱりしたもの
食事に取り入れることで
食事もすすむようになっていきます。

 

また1つの食事を
多く取るのではなく
品数を多くすることで
様々な食材から
栄養を摂ることができるのです。

 

最後に夏場は冷たいものを
摂取することが多いので
どうしても内臓には
大きな負担がかかってしまいます。

 

そのため内臓の働きが
低下してしまいます。

 

内臓の働きを高めるためにも
暖かいスープ夏野菜を入れた味噌汁
などを摂ることで食欲が上がることも
期待されます。

 

疲労回復や
パフォーマンス発揮のためにも
ぜひこのようなポイントも
意識して食事をしっかりと
摂っていきましょう!

 

パフォーマンスが戻らない選手
など野球におけるケガの
ご相談も受け付けておりますので
i-care@bb-one.jp まで
お気軽にご相談ください!