愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

ヘッドを返す位置を確認するための練習方法

  • HOME »
  • ヘッドを返す位置を確認するための練習方法

むりょ

あなたは打球が弱く、力負けをしてしまった経験はないでしょうか?

そんな時に、多くの選手が「筋力不足」や「体格」などの体に関することが原因と感じたりするものです。

しかし、近年のプロ野球選手も体のおきさ、筋力など関係なくホームランを打つ選手はいますよね!

そこで、インパクト時にボールに力を伝えるために確認していただきたい練習方法をご紹介させていただきます。

【この練習目的】

インパクト時にボールに力を伝えるため

【目安所要時間】

10回×3〜5セット

【手順】

1.肩幅より少し足を開き、膝を軽く曲げグリップとヘッドが同じ高さになるように構える

2.腰と肩が動かないように下半身を安定させ、手首を返す

3.おへその前でインパクトを迎える。
4.フォロースイングは肩の高さにバットが来るようにする。

5.バットを戻すときはスイング軌道がボールを打つ時と同じ軌道で戻す。

【指導のコツ】

・ボールが動いているとリストターンの位置が確認しづらいのでスタンドティーを使用する
・スタンドティーを使用する際は腰から胸の位置にボールの高さを設定する
・スタンドティーはアウトコースに設定する
・両手が伸びた位置にスタンドティーを置きヘッドから肩のラインまでが一直線になるように指導する

【指導のポイント】

・膝を軽く曲げ、腰と肩ができるだけ動かないように注意すること
・おへその前で手首が返るように注意すること
・肘から先が動くようにし、手首に角度をつけること

 

hgftaifds (1)

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.