burog

 

こんにちは。

BASEBALL ONE

スクリーンショット 2016-06-06 16.16.40

ストレングストレーナー
林泰祐です。

 

これまでに
アメリカ大学野球での
トレーナーの立場やトレーニングの内容など
少しずつ紹介させていただきました。

 

今回のブログでは
どのようなスケジュールで
トレーニングを行っていたのかを
紹介していきたいと思います!

 

まずは
オフシーズン中のスケジュールです。
(9月中旬から1月まで)
チームでの全体練習は規則により
各学校10月中旬からしか行えません。

 

ですが、
体作りのストレングストレーニングは
9月から始めることができます。

※アメリカの大学は
9月中旬から前期が始まります。

 

学校の授業は時間割にもよりますが
8時から始まるので
チーム全体で行う
ストレングストレーニングは
朝5時30分から行います。

 

週4回は朝から
ウェイトルームで汗を流します。

 

約1時間30分しっかりと
トレーニングを行い、
その後授業に行く選手や
家に帰って朝食を摂る選手に分かれます。

IMG_0586

IMG_0447

上の写真は
ウェイトルームでのトレーニング風景です!

チーム全体で
サーキットトレーニングを行っています!

 

ichi

 

 

オフシーズン中は
もちろん野球の練習も行うのですが
ウェイトルームでのストレングストレーニングの方に
重点を置いています。

僕が学生コーチをしていた
インディアナ州立大の野球部では
『ソウルウィーク』という
地獄の1週間があります。

その1週間は
毎朝4時からトレーニングを行い
精神的なタフさも鍛えていきます。
トレーニングの内容も普段のものより
かなりきつく設定されています。

IMG_0457

IMG_0766

IMG_0692

上の写真がそのソウルウィークのトレーニング風景です。
トレーニングというよりは

もはや修行です(笑)

雪だらけのグランドをほふく前進したり
砂場の上で過酷な
サーキットトレーニングを行いました。

このソウルウィークは
チームの団結力を上げるためのものでもあります。

例えば
ほふく前進で後れを取った選手に
すでにゴールした選手が駆け寄り、
声援を送りながらもう一度ほふく前進をしたり、
階段ダッシュで足が止まった選手を
おぶってゴールまで行ったり
チーム内での助け合いというものが
目立ったトレーニング期間でした!

 

オフシーズンが終わり、
年が明けてからはシーズン直前となり
トレーニングよりも野球の練習に重点を置きます。

しかし、
そんな中でもトレーニングは
しっかり行っていきます。

IMG_0699

シーズン中は
トレーニングの頻度や時間は短くなりますが
オフシーズンで培った筋力やパワーを
維持するために週2回でトレーニングを行います。

 

大まかではありますが
年中通してトレーニングを行っていることが
お分かりいただけたと思います。

 

PS
以前にアメリカ大学野球についてなど
ブログを書いたので、そちらの方も
ぜひご購読してみてください!

こちらからどうぞ▼
「アメリカの大学野球とは?」

 

ichi

 

動作解析

打撃解析の予約はこちら▼

投球解析の予約はこちら▼

 

無料体験

 

BASEBALL ONEの
個人指導を無料
体験することができます!

詳細はこちらをご覧ください。

むりょ