こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

右バッターと左バッターの違い
についてお伝えしたいと思います。

指導者の方で
右バッターと左バッターで
同じように指導されている方が
多いのではないでしょうか?

 

ピッチャーも
左右の投手で体の使い方が違うように
打者も体の使い方が違います。

今回のポイントとなるのが
『走り出す方向!』

 

そのポイントを
理解しているかしていないかで
大きな違いが出るので
まずはしっかりと
理解するようにしましょう。

 

動画はコチラ↓↓↓

 

さて上の動画を
ご覧いただけましたでしょうか?

このように走り出す方向によって
力を向けていく方向が違います。

 

右打者の開き、
左打者の開きも
違ってきます。

 

打者であれば
肩や腰が開いてしまえば打てない!

 

そうではなく
開くタイミングが早かったとしても
ホームベース方向に体重が乗っていれば
強い打球を打つことが出来ます。

 

しかし左打者は
一度腰や肩が開いてしまい
体重が一塁方向にかかってしまうと

インパクトで
力を伝えることが出来ないので
反対方向に強い打球を
打つことが出来なくなります。

 

力の向く方向を理解することで
指導の方法も変わってきます。

 

指導者だけではなく
選手自身もこの違いを
理解するようにしましょう!!