こんにちは!

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

いよいよ甲子園が
明日から開幕します!!

 

今回の甲子園は
100回記念大会ということで
史上最多の56チームが出場します。

 

この大会で優勝するチームは
どこなのでしょうか?

 

また、大阪桐蔭高校に
勝つチームが出るのでしょうか?

今から楽しみで仕方ありません。

 

さて今回は
メジャーリーグでは当たり前となった

高めのストライクゾーン

この高めへの投球が出来ない投手は
一流の投手にはなれないと言われています。

 

低めに対しては各選手が対応してくるため
高めのボールを使わないと
抑えることが難しいと言われています。

 

きっと日本にも何年後かは
同じことを言われるようになると思います。

 

その時のために!
今から準備をしなければいけません。

 

高めの球をいかに!
フライにならずに
強いライナーを打つためにしていくか!

そのためのバッティング方法
お伝えしたいと思います。

 

高めのボールは
少し甘く入ってしまうと
長打になりやすいと言われています。

 

しかし!
高めのストライクゾーン
ギリギリにきたボールを
長打にしていくことはかなり難しく

詰まってしまったり
フライになってしまったりします。

 

ではなぜフライに
なりやすくなるのでしょうか?

 

高めのボールというのは…

投手からの距離が
低めに比べて短く
目から近いため

距離を取ることができないことが
原因としてあげられます。

 

この距離とボールの見え方を
理解することが

高めを打つために大切になります。

 

この違いを理解した上で
今からお伝えする動きを
身につけるようにしましょう。

高めのボールを打つときに
よく上から叩けと
言われることがあります。

 

確かに上から叩くイメージで
バットを出すことで
バットが出やすくなることは
事実であると思います。

 

しかし!
上から叩いたところで
ゴロになる事が多く

いくつかのタイミングが合えば
ライナーを打つ事ができますが
確率は低くなります。

 

ではどのように打つ事ができれば
ライナーを打つ事が出来るか…

 

ポイントは
グリップの位置
押し手の使い方です。

この画像のように
まずはグリップの位置です。

 

多くの選手がグリップの位置が
肩のラインか、肩のラインよりも
上になります。

 

そのラインに合わせて
グリップを動かさずに
バットを出すように
していきましょう。

 

そうすればグリップが離れる事がなく
スムーズにバットが出るようになります。

 

バットを上から
出すようにしてしまうと

ヘッドが先に出てしまい
少しタイミングが
遅くなってしまえば
詰まる原因になるので

いわゆる叩くような打ち方は
オススメ出来ません!

またこのように
後ろの肩が下がってしまうと…

バットの軌道が
下からになってしまい
高めの球に対して
バットが出にくくなり詰まる原因
になるので改善しましょう。

 

バットの軌道が出来たら
次に押し手の使い方です。

押し手の使い方は画像のように
肩のラインにバットが出てきたら
そのタイミングで押し手を
押し出すようにしましょう。

 

この時のタイミングを身につけるためには
グリップを持っている右手と左手の間を
ワングリップ開けるようにします。

 

そうする事で
押し手の押し込みを強く
意識できるようになります。

 

このようにバットの軌道と
押し手の使い方が出来れば
高めのボールに対して差し込まれたり
フライが上がったりする事がなくなります。

 

是非、参考にしてみて下さい。