スナップ

 

こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

西村昌太朗です。

 

投手 捕手 内野手 外野手
どのポジションの選手にも
必ず!必要になってくるのが
「スナップスロー」という
リストをしっかりと使った状態で
ボールを投げるスローイング技術。

全力で投げなくても
それに近いボールが投げられる
ようになるので肩肘への負担を
減らす事ができます。

また投手であれば
キレのあるボールを投げる
という部分にとても有効になってくる。

また外野手のように
距離を投げるケースにも有効。
ボールに回転をかけられるようになり
矢のような送球
レイザービームのような送球へと繋がる。

そんな
野球選手にとって絶対に身につけたい
「スナップスロー」を自宅でも
練習ができる方法をあなたに
お伝えしようと思う。

□練習方法□

このスナップスローの練習方法は
投げる方向に対して
「背中」を向けるのが特徴。

またノーバウンドで投げずに
ワンバウンドで投げます。

□こんな選手にオススメ!□

▼送球に不安がある・・・
▼スナップスローができない・・・
▼肩肘をよく痛める・・・
▼コントロールミスをする・・・
▼外野からの送球が不安定・・・

送球が良く、素晴らしいボールを投げる
選手に対して指導者がよく口にするのは
「あいつは自肩が強い」
「センスがある」
などなど

努力じゃ補えないと
言わんばかりの言い方。

しかし僕は社会人時代
遠投は80m〜90mほど・・・。
中学生レベルですね(涙)

しかし
いざ「送球」という分野になれば
矢のようなボールを投げられていました。

「西村!肩だけだったらプロでも
トップクラスだな!」なんていう
お褒め?の言葉をくださる
スカウトの方もいました。

そんな僕がこの時期に覚えた
技術の1つが「スナップスロー」
このスナップスローの技術を習得する為の
練習方法を今日はあなたにもシェアします。

この練習方法は
僕が、OnetoOne 
ピッチングトレーニングプラン
パーソナルトレーニング(個人指導)で
サポートさせていただいている選手と
行う内容でもありますので
限定公開とさせていただきます。

下記バナーよりご登録後
スグに!あなたのメールBOXに
このスナップスローを習得する為の
動画届きます!登録は無料ですので
今すぐに登録をして練習動画をGET
してくださいね!

※ビービーワン!通信読者の方へ
先ほどお送りしていますので
登録は不要です。
メールBOXをチェックして下さい。
スナップバナー

スナップスロー習得練習方法をGET!
お名前  *  名字のみでOK!
メールアドレス  *
お住まいの地域  *

※ビービーワン!通信の購読対象となります。