こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

西村昌太朗です!

 

 

今日までに内野手のトレーニングや
考え方、練習方法をいくつか
ご紹介してきましたが
あなたは全てご覧になったでしょうか?

僕のオフィシャルブログを
ご覧になられている方は
すぐに!取組む方ばかり!早速たくさんの
感想やご質問をいただいております。

即!行動できる選手はそこでできる
成功の数、失敗の数が他の選手を遥かに
超えていきます!

ということは
結果を出せるまでの時間を
短縮できるという事!
あなたも負けていられませんよ!
頑張りましょうね。

では今日も1つ内野手のトレーニングを
ご紹介します。以前お伝えした
内野手のゴロ捕球の際に
「間を作る」練習を覚えていますか?
一度復習しておきましょう。

コチラ▼の練習方法です。

間を作る練習方法

右足で間を作る!とても大切なテクニックです。
そして!今日はこの練習方法の応用編!

右足だけで立ち
ケンケンしながらタイミングを取る。
自分の捕球ポイントまでボールが来たら
捕球姿勢に入っていく。という
練習方法です。

どちらの練習も下半身に高負荷がかかります。
つまり「キツい」!

どんな練習もそうですが
簡単そうに見えて実は・・・
「キツい」
「ツラい」メニューがあります。

でもそれはある意味ではしょうがない。

こうした辛く厳しい時間を我慢する事も
野球選手として体を鍛え、技術を染み込ませ
「心」を成長させる。

それが素晴らしい選手へと成長していくための
過程(プロセス)です。

少し辛いかもしれませんが
もっとうまくなりたい!と思っているのなら
ぜひともこうした地道なメニューも
取組んでみて下さい。

それでは
「間を作る」練習方法をご覧下さい。

BASEBALL ONE
西村昌太朗

守備 〜間を作る〜 Ver2

スナップ