名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

キツイ練習その背後には?

  • HOME »
  • キツイ練習その背後には?

こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

11月に入り気温も
下がってきました。

試合も減ってきて
体幹やランニングの
メニューも増えてくる頃
ではないでしょうか?

 

この冬の練習は
基礎練習や反復練習
体幹、ランニング
と聞くだけでも
ゾッとしますよね?

 

出来ることなら
冬の練習はしたくないのが
本音だと思います。

 

アメリカのクラブであれば
ウィンタースポーツと
サマースポーツとで
時期によってクラブを
変える事ができるので
日本で言う
『冬練』
をしなくても良いわけです。

 

実際にアメリカでは
野球のドラフトと
アメリカンフットボールのドラフト
両方にかかる選手もいます。

 

日本では
少し考えられない
ことだと思います。

 

話を戻しまして
今回のテーマは

『キツイ練習』

についてです。

 

私がこれまで経験した
キツイ練習について
お話ししていきたいと思います。

 

社会人野球では
2大大会と言われ
夏の『都市対抗野球大会』
秋の『日本選手権大会』
と2つの大きな大会があります。

 

現在、京セラドームで
日本選手権大会が
行われていますが

この2大大会の中でも
『都市対抗野球大会』は別物で
この大会出るためだけに
1年間練習をしている
と言っても大げさではありません!

 

この大会の予選に合わせて
各チーム予定を組み、
練習の強度を上げたり
下げたりしながら
調整していくわけです。

 

その社会人の練習の中で
『強化練習』と言う
今まで経験したことがないような
量の練習があります。

 

その内容は…

5時半 起床
6時半 グランド集合
アップ、ランニングを含め約2時間
・アップ
約30分各自アップ
・ランニング
インターバル走・体幹を
交互に1時間半

8時半 朝食
9時半 グランド集合
軽くアップしてノック約2時間半
・ノック
全体ノック
外野各塁10〜30本(ストライク返球)
中継プレイ
各塁5本(成立したらカウント)
内野ノック
各塁10〜20本
外野は内野ノック中は外野ノック
ポジション別ノック
30分〜1時間
午前中終了。

午後のメニュー
12時 昼食
13時 グランド集合
ここからはひたすらバットを振ります。
ノルマは1日1,000本〜1,500本
・ティーバッティング
10種類以上のティーバッティング
・手投げ打ち
・マシンバッティング
など約4時間ひたすら振り続けます。

17時半 夕食
19時  室内移動
ここでもバッティングをします。
4時間ではノルマが終わらないので
残った分をここで振ります。
21時半 1日の練習終了。

 

この練習が2週間続きます。
3〜4日に1回の休みはあるので
実質10日程度です。

 

この練習が毎年2回あります。
都市対抗に出場できない年は
3回に!!!!

今考えても…となります。

 

しかし、
この練習をしているのも
『都市対抗野球大会』に
出場するためなのです。

 

もっと言えば
予選は2〜3週間程度なので
この1ヶ月に満たない
期間のために選手たちは毎日
キツイ練習に耐えているのです。

 

きっと多くの選手が
『キツイ練習』は
嫌いだと思います。

しかしその先にきっと
良いものがあるはずです。

 

だからと言って意味のない練習は
私も絶対にしたくありません。

練習量が多くなると体が疲れたことに
満足してしまう選手も中にはいます。

練習にどんな意味があり、
何のためにこの練習をしているのかと
常に考えながら練習していきましょう。

 

スクリーンショット 2017-05-16 14.40.55

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.