名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

カベを間違えると、、、

  • HOME »
  • カベを間違えると、、、

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

バッティングやピッチングで

『カベを作れ!』

そう言われることがあります。

 

あなたも野球を続けていれば
耳にしたり、その言葉を聞いて
なんとなく理解しているかとは思いますが

はっきり説明することは
難しいのではないでしょうか?

 

しかしそれはこの『カベ』
目に見えるものではないので
仕方ないことです。

 

『カベ』とは、、、

動いてはいけないところを
動かさないことや

それ以上前に
行かないようにすることを
見えないカベがあるかのように見立てて
『カベ』という言葉で表現しています。

 

しかし、、、

よーーーく
考えてください!!!

 

そのカベですが、、、

全ての選手に対して
『全く同じ!』ということは
あるのでしょうか?

 

例えば

A選手は肩にカベを作り
動かないようにしないと
いけないかもしれません。

B選手は肘にカベを作り
動かないといけないかもしれません。

C選手はカベを意識するあまり
体重移動が不十分になり
動きが制限されてしまうかもしれません。

 

このように野球用語の中には
使い方を間違ってしまうと

十人十色という言葉があるように
捉え方や感覚は選手によって違うので

それを意識した途端に
動きが悪くなってしまう
ケースがとても多いのです。

動作を改善していくためには

動かさないといけないところ
動かしてはいけないところ
しっかりと見極めていき
明確にしていくことが大切なのです。

 

野球のフォームは
一連の動作から成り立っています。

この一連の流れをスムーズに
できていない原因が一体何なのか?

ということを
理解していなければ

ただ曖昧な表現
自分の感覚的な言葉のみでは
一向にフォームを改善できないことは
よくあるものです。

 

人それぞれ
身体の大きさも違えば感覚も違うので
感覚的表現だけでは限界はあります。

 

だからこそ!

『自分を知る』ということが
大切となります。

 

そして
私たちサポートする側は
曖昧なものを明確なものに
変えてからわかりやすく
選手に合わせて伝えなければいけません。

 

選手自身が
感覚的なものが
明確なものになった時

そして
やるべきことを知った上で
練習を取り組んでいくことで
レベルアップしていくものですよ!

もし
感覚的な言葉を使い指導して
うまく行かないことがあるのであれば

動いてはいけないところが
動いていないか?

動かしたいところを
固定されていないか?

など細かく選手の感覚と
選手のフォームを照らし合わせて
見ていくことで

意識するポイントや
取り組むメニューも変わり
レベルアップさせることができますよ!

 

フォームを確認するのは
スマホでも構いませんので
撮影し何度もフォームを見て
感覚の言葉だけに頼った指導ではなく
レベルアップするための
アドバイスをしてあげてくださいね!

 

オンライン解析

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.