名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ランナー2塁と3塁のプレッシャーの違い

  • HOME »
  • ランナー2塁と3塁のプレッシャーの違い

 

 

こんにちは!

BASEBALL ONE

大崎裕司です!

 

想像してみてください!

あたなが守っている側の選手の場合
「ツーアウトランナー2塁」

「ツーアウトランナー3塁」
どちらの方がプレッシャーを感じますか?

 

もちろん!後者ですよね!

ランナー3塁の場合
バッテリーは
ワイルドピッチ、パスボール
1点を与えてしまう状況です。

 

キャッチャーとしては
低めの変化球のサインが
出しにくくなりますし

 

ピッチャーとしても
変化球を低めに投げ切ることが
できにくくなります。

 

これだけでも攻撃側は守備に
十分プレッシャーを与える事が
できていますが
バッテリー以外のポジションでも
プレッシャーはかかります。

 

内野手は
内野ゴロが飛んできた場合、
当たり前ですがエラーをすると
1点を与えてしまいますし、

 

 

ランナー2塁とランナー3塁とでの
ゴロ処理に対する
プレッシャーは全く違います。

一宮ベースボールジム

仮に
これで点数が入らなかったとしても
プレッシャーを感じながら
プレーさせられる事で
精神的にダメージは追う事になります。

 

ランナー2塁とランナー3塁とでは
守備側が感じるプレッシャーの
かかり方がこれだけ違います。

 

ここからは
ランナー目線での話になりますが
この話を聞いた事で
ランナー2塁とランナー3塁とでは
大きく違う事がわかると思います。

 

ここで一番感じてほしいことは
アウトカウントに関係なく
先の塁を目指してほしい事です。

 

ノーアウト、ワンアウトであれば
2塁と3塁の違いが感じやすいので
「1アウト3塁を作ろう!」などと
チームで取り組んだりもしますが、

 

ツーアウトでも
ノーアウト、ワンアウトと同じくらい
先の塁(3塁)を
目指す事が大切になります。

 

このように取り組むと
相手の隙ももっと
見えてくるのではないでしょうか?

 

「ツーアウトランナー2塁」
この状況で3盗にトライした事がありますか?
これが大きなヒントです!

是非、参考にしてみて下さい!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.