名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

肘の怪我のチェック方法

  • HOME »
  • 肘の怪我のチェック方法

 

こんにちは。

 

 

 

 

 

アスレティックトレーナー
阿部将大です!

 

試合の多い時期ですが
しっかりとパフォーマンスを
発揮出せているでしょうか?

 

肩や肘に痛みを抱えていれば
投球動作やスローイング動作に
悪影響を及ぼしてしまいます。

 

また痛みを抱えながらやっていて
ケガそのものが重傷になってしまえば
復帰までの期間も長くなってしまうのです。

 

その為ケガは早期発見をして
その中で早く改善していく
必要があるのです。

 

そこで今回はまず
『肘の痛み』
に対してのチェック方法を
ご紹介させて頂きます。

 

現在多くの野球選手の
治療をさせて頂く中で
とても多い『肘の内側の痛み』

 

投球動作の中では
痛みを感じていなくても
ケガの予兆が出ている選手も多くいます。

 

また投球動作の中で
痛みが出ていなくても
チェックをしていく中で
痛みが出ているようでれば
今後の予防にもなっていきます。

 

まずは自分自身の体が
どのような状態であるのか?

ということを
把握していくことが重要です。

一宮ベースボールジム

チェックをしていく中で
症状がなかったとしても
継続してチェックしていくことが必要なのです。

 

これはピッチャーの選手のみならず
野球選手全員にやって頂きたい
チェック方法になります。

 

 

まずは肘の曲げ伸ばし
において痛みがないか確認してください。


このタイミングで痛みがある選手は
まずは病院での診察をお勧め致します。

 

次に実際に行って頂きたい
チェック方法です。

 

前ならえをするようにして
投球側の手を前に伸ばして行きます。


その状態で肘を曲げて行きます。

この時に手の平を自分の方に
向けておくようにします。

 

そこから反対の手を
下側から回して親指をつかみます。


掴んだ親指を下に引くようにしていくと
肘の内側にストレスがかかっていくので
この時に痛みがないか確認してください。

 

ストレスをかけていく時には
ゆっくりかけていくようにしてください。

 

勢いよく親指を引いてしまうと
より大きなストレスがかかってしまうので
ケガを助長させてしまう可能性があるので
注意してください。

 

もしかしたら親指に手が届かない
ということもあるかと思います。

 

そのような場合には
タオルや短い棒などを持って同様の動作を
行って頂けたらと思います。

 

もしかしたら動作が
できないということは
柔軟性の問題も隠れている場合があります。

 

もし痛みが出てしまうという場合は
一度病院での診察をお勧め致します。

 

またご不明点がございましたら
i-care@bb-one.jpまで

ご相談ください!

 

 

 

スクリーンショット 2017-05-10 13.40.59

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.