名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

無駄ではない!カバーリングの必要性!

  • HOME »
  • 無駄ではない!カバーリングの必要性!

 

こんにちは

 

 

 

 

BASEBALL ONE
亀浦俊一です。

 

あなたはカバーリングをしていますか?

本当に送球がそれると思って入っていますか?

どんな簡単なプレーでも出来ていますか?

 

よく試合を観戦していて感じるのですが
カバーリングをしっかりと意識して
取り組んでいるチームや
選手が少ないように感じます。

 

確かに1試合の中で
何回も起こるプレーではありません。

しかしその万が一の時に備えて行うのが
カバーリングです。

 

競り合っている試合、大事な試合になれば
一つのミスが勝敗を分けるとよく言われます。

 

そのミスをカバーできるのも
カバーリングなのです。

 

送りバント、右打ちだけが
チームプレーではありません!!

 

どんなプレーであっても
次のプレーを意識して
動かなくてはいけません。

 

今回は特に
外野手のカバーリング
について考えていきます。

 

 

例えば
レフト前にヒットが飛んだとします。

この時センターの選手は
レフトの後ろへカバーに入ると思います。

 

その時!
本当にレフトの後ろまで
カバーに入っている選手が
あなたのチームにはいるでしょうか?

 

なかなかそんな選手はいないと思います。

 

セカンド牽制の時
センターはセカンドベースへカバーに入ります。

その時レフトとライトは
カバーのために動いていますか?

 

ファースト牽制でも
同じことが言えます。

ライトは動くが
他の外野手は動いていない!

このようなチームが多いと思います。

 

それでは
この3つのプレーを例に挙げて

考えていきましょう。

 

1つ目は『レフト前ヒット
このような動きになります。

 

センターはもちろん
レフトのカバーにいきます。

ライトはレフトの返球、
カットに入ったショートの
返球のカバーに入ります。

ライトはレフトもしくは
ショートの返球の強さを
見てセカンドからの距離も
変えなくてはいけません。

高めにボールが浮いた時は少し距離を取ったり
低めにボールが来た時は弾くことも
想定して少し近づいたりと
距離を考えながらカバーに
入ることが大切になります。

 

 

2つ目は『一塁けん制
このような動きになります。

 

ライトは一目散に一塁のカバーに入ります。

センターはランダンプレーを想定して
セカンドの後ろにカバーに入ります。

レフトもセンターと同様に
セカンドの後ろにベースカバーに入ります。

もし一塁牽制が
大きくそれてしまったとしたら
レフトは三塁送球に備えて
サードベースの後ろにカバーに
行かなくてはいけません。

 

 

3つ目は『二塁牽制
このような動きになります。

 

セカンド、ショートのどちらかが
ベースに入ります。

センターは
セカンドベースに詰めていきます。

レフト、ライトは
セカンドもしくはショートが
弾いたことを想定してカバーに入ります。

二塁牽制の場合
レフト、ライトの選手が
カバーに入らないことが多くあります。

二塁牽制でセカンド、ショートが
ボールを弾いてしまうと
一気にセカンドランナーがホームに
帰ってしまう可能性があるので
必ずレフトセンターはカバーに入りましょう。

 

 

このように外野のカバーは
長い距離を走らなくてはいけないことが多い上
カバーに入っても無駄になることが多い。

 

しかし
カバー入っているから送球する選手が
思い切ってプレーができ捕球する側も
ワンバウンドになった送球を
勝負することができます。

 

結果的に全く無駄にはならない!

 

他にも
カバーリングの意識を持つことで
集中力も維持できるようになります。

 

前回のブログでもお伝えしたように
外野手も毎回一歩目を
切らなくてはいけません。

 

カバーリングの意識が高ければ
おのずと一歩目のスタートもよくなります。

 

このように多くのメリットがある
カバーリング
あなたは疎かにできるでしょうか?

 

明日からでも
意識を変えればすぐにできるプレーです。

是非取り組んでいきましょう。

 

 



 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.