名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ドラゴンズカップ出場選手限定ページ

  • HOME »
  • ドラゴンズカップ出場選手限定ページ

 

 

 

 

未来の野球選手を目指す選手たちが集う
ドラゴンズカップ
参加したチームの選手たちがさらに
レベルアップをしていき
次のステージへ羽ばたいて行くために
これからもBASEBALL ONEは
全力で選手たちをサポートしていきます。

 

今回はその取り組みの一つとして
参加いただいた選手を対象に
特典をご用意させていただきました。

 

 

BASEBALLONEの
満足度が高い動作解析を
通常のお値段から
大幅割引の上記価格にて実施させていただきます。

 

 

 

そもそも動作解析とは?

スクリーンショット 2017-05-23 1.16.10

 

動作解析

 

普段野球を行う中では
なかなか耳にしない
この言葉ですが
実は、
プロ野球をはじめとして
これからの野球界の
常識となっていくものなのです!

 

では
そもそも動作解析とは
どういったものなのでしょうか?

例えば、歩き方!

あなたは左足を前に出した時
右手を前に出すはずです。

もしこれが左手であった場合
どうなるでしょうか?

 

おそらく左手と左足を
一緒に出して歩くということは
人間の体の構造上効率が悪く
歩きづらいと思います。

これは動作解析をしなくても
誰でも見ればわかることで
すぐにでもアドバイスができるはずです。

 

しかし
この歩くというのが
野球の動作に変わった場合は
どうなるでしょうか?

 

野球の中の
バッティングフォームや
ピッチングフォームといった動作は
歩く動作とは違い、
とても速くそして複雑なものです。

そう簡単にアドバイスはできませんよね?

 

そこで!!
必要となってくるのが
動作解析です。

 

スクリーンショット-2017-01-10-21.38.23

 

 

最新の動作解析システムで
バッティングフォームや
ピッチングフォームを解析することで
まず根本的に
フォームに不具合がないか、
効率が悪いところはないのか、を
確認していきます。

 

さらにその上で
どうすればフォームが良くなっていくのか?
具体的にいうと

・どうすれば球速が上がるのか?

・どうすればコントロールが良くなるのか?

・どうやって飛距離を伸ばすのか?

といったところを分析していきます。

 

そうすることで
今まで感覚でやっていた野球を
科学的に見ていくことができ
確かな根拠とともに
飛躍的にパフォーマンスを上げていくことが
できるようになっていくのです。

 

それが動作解析です。

 

 

 

なぜ動作解析が必要なのか?〜3つのポイント〜

 

では、
今なぜ動作解析が野球界に
広がっているのでしょうか?

 

それは動作解析を行うことで
飛躍的な成長を遂げることが
証明されているからです。

 

スクリーンショット 2017-05-23 10.41.24
スクリーンショット 2017-05-23 11.07.01

 

自分の声を録音して聞いてみると
全然違う人の声のように聞こえた
という経験はありませんか?

 

このように
自分ではこうしているつもりであっても
周りには全く別に見えているということは
よくあることです。

これは野球でも言えることです。

 

 

例えば、
あなたは自分がボールを投げている時
自分がどのようにボールを投げているか
分かりますか?

 

おそらくイメージはできても
本当にどのように投げているかは
分からないはずです。

 

自分はこうやって
投げているつもりでも
実際は全く別のフォームで
ボールを投げている
ということは多々あります。

これが感覚のズレであり
野球の上達を妨げる一つの原因です。

 

逆に言えば
このズレが少ない選手ほど
自分のイメージ通りの
プレーができているので
どんどん上手くなっていくことが
できるのです!

 

その感覚のズレを修正するのが
動作解析です。

スクリーンショット 2017-05-23 1.03.32

 

自分のフォームを
最新のシステムを使い
実際に自分で見ることで
自分のイメージと
実際のフォームに
感覚のズレがあることを
客観的に見てもらいます。

 

そうすることで
そのズレを修正するための
練習を行うことができます。

そしてそのズレを
修正していくことこそが
成長なのです。

 

動作解析を行わなければ
そもそも感覚のズレが
あるかどうかに
気づくことができないため

ひたすら自分のイメージとは
違うフォームの練習に明け暮れる
ということになってしまうのです。

それではなかなか自力で
上達するということは
難しくなってしまいます。

 

せっかくの努力を
無駄にしないためにも
動作解析は
必ず行なっていただきたいのです。

 

 

スクリーンショット 2017-05-23 11.11.13

 

野球というのは何年もの歴史の中から
様々な指導用語が生まれてきました。

・上から叩け
・脇を締めろ
・腰を低くしろ
・肘を上げろ   などなど

 

しかしながら
この言葉というのは
使うのは簡単なのですが
その本当の意味や内容というのは
しっかりと伝わっておらず
言葉だけが一人歩きを
してしまっているのです。

 

結果として
一人歩きをしていった
指導用語は間違った解釈をされ、

選手たちに伝わり
そのまま間違った方向へと練習を
進めていってしまうのです。

これが今の野球界の現状です。

 

指導者は選手に
上手くなってもらうために指導を行います。

 

しかし、
そこで誤解が生まれ
逆に選手の成長を妨げてしまうのです。

この状況に歯止めを
打つのも動作解析の役割の一つです。

 

動作解析を行うことで
なぜ脇を締めなければならないのか?

そもそも脇を締めるというのは
どういう状態なのかを
自分のフォームを見てもらいながら
徹底的に分析をしていきます。

 

そうすることで
選手が言葉を誤解することなく
指導を受け取ることができ
正しい方向へと努力することが
できるようになっていくのです。

 

スクリーンショット 2017-05-23 11.11.21

 

野球の動作というのは
とても複雑なものです。

良い状態のフォームを
維持したいものですが、
少しでも歯車が狂えば
途端にバランスが崩れ
「悪いフォーム」となってしまいます。

 

そこから
「良いフォーム」に直そうと思っても
そもそも個々の感覚に頼って
動作を行なってしまっているので
簡単に直すことができないのです。

 

その狂った歯車を直すことにも
動作解析は利用することができます。

 

良い時のフォームをしっかりと
動作解析で確認しておくことで
状態が悪くなった時に
修正をかけやすくなるのです。

 

例えば、バッターの場合
良い時はもっと重心が低かった
悪い時は体が伸びきっており重心が高い
これは動作解析を行えば一目瞭然です。

 

しかし、

動作解析を行わずに
感覚に頼って直そうとすると
「なんかいつもと感覚が違って
力が入らない
もっと力を入れてみよう」
となってしまい、
そもそもどこに原因があるのか
分からずに闇雲に練習
するだけになってしまうのです。

img_hikaku

 

ですが
「百聞は一見にしかず」
という言葉があるように
動作解析を行うことで

その原因がはっきりと
目で確認することができるため
フォームの修正を
効果的に行うことが
できるようになります。

そうすることで
好不調の波が少なくなり
安定した成績を維持することができるのです。

 

以上3つのポイントがあなたの
普段の練習の効率を何倍にも高め
驚くべきスピードでパフォーマンスを
上げていくことにつながるのです。

 

BASEBALL ONEの動作解析が選ばれる理由

 

1.最新の動作解析システム

BASEBALL ONEで使用する
この『動作解析システム』は
プロ野球球団(7球団)にも
導入されているものです。
ですが、贅沢でもなんでもありません。

まず自分を知り目指すべき方向が
はっきりとしなければ
練習の効果は半減してしまいます。

 

2.選手目線での動作解析

動作解析と聞くと
細かいデータや数字に頼った
アドバイスをイメージされるかもしれませんが
BASEBALL ONEの動作解析は
選手目線でのサポートを行なっています。

それは最新の動作解析システムを駆使して
もともと野球選手であったBASEBALL ONEの
スタッフがアドバイスを行うからです。

時には詳細なデータを出しつつ
選手として経験豊富なスタッフが選手目線で
あなたにサポートをお届けします。

 

3.サポート累計6,000人を超える実績

BASEBALL ONEは今までに
累計6,000人以上の選手をサポートしてきました。

その実績と蓄積されたデータにより
あなたに最適なアドバイスをお届けさせていただきます。

 

動作解析イメージビデオ

スクリーンショット 2017-05-23 11.50.27

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.