名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 吉野 様

  • HOME »
  • オンライン解析 吉野 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
1つ目の写真で見ていただきたいポイントは、上半身です。
左ヒザと同時にグリップが出て行っています。
下半身の動きを先行させる必要があります。
ここでは、振り出しの時に腕に力が入り
回転動作を始めてしまうのが原因ともなっていきます。
上半身の回転動作が始まってしまうと
上半身と下半身のひねりが弱くなってしまい
インパクトでの力が弱くなってしまったり、
変化球に泳がされてしまう可能性があります。
いかに振り出しで下半身から動いていけるかが重要となっていきます。
よりスピード生み出す上でも上半身の動きを抑えることは欠かせません。

 

 

2つ目の写真は左ヒザの入り方です。
下半身が回転動作を始めた時に左ヒザが最初に動き始めますが、
動きが少し小さいため、腰の回転が弱くなってしまうことがあります。
理想としてはもう少し左の踵が上がってきてほしいです。
黄色い線の位置に踵がくるのが理想です。
踵が黄色い位置に上がってくることで腰の回転が速くなり
左腰がピッチャー方向に出てくるようになりますのでぜひ意識して取り組んでみてください。
しかしなかなか踵の位置を修正していくのは難しいと思います。
ヒザの回転を意識しすぎてしまうとヒザが回りすぎて
上半身とのバランスが崩れてしまうことがあるので注意して下さい。
あくまでも踵の位置の修正することを意識して取り組んでいくことを心がけ取り組んで下さい。
飛距離アップを目指して習得していきましょう。

 

 

最後に3つ目は、打ち終わりの時の写真です。
少し打ち終わりに頭が前に出てしまっています。
インパクトの際には頭の位置がしっかりと残っていてボールに力が加わっています。
しかしインパクトが終わると同時に徐々に体が前に突っ込み始めます。
最後までボールに力を伝えるために体のラインを黄色い位置まで倒してくるようにしましょう。
ここで体重を支えるために踵の位置も大切になってきます。
2枚目の写真で伝えたように踵を上げてくると左足で体重を支えやすくなってきます。
インパクトでの力の伝え方がいいのでもう一つレベルアップするために取り組んでみてください。
本日お伝えした3つのポイントは全て繋がっている動作となります。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
頭の位置が突っ込まないようにするための練習方法
∟20回×3セット

トレーニング動画②
突っ込みを改善するための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.