名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 宮崎 様

  • HOME »
  • オンライン解析 宮崎 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えいたします。
この写真は振り出す瞬間の映像です。
この時に確認していただきたいのが赤い円で囲っている軸足側の膝の部分です。
この膝がホームベース側に出てきてしまうと
下半身の力がボールに伝わらず回転動作が大きくなってきますので
速い球に対応できなくなってしまいます。
なるべく回転する時に軸足のつま先より膝が出ないように
回転することで体全体の回転動作もコンパクトになるので
速く回転できるようになり速い球にも対応していけます。
またこうなることで体が少しホームベース側に倒れやすくもなってきますので
ヘッドが下がりポップフライになる原因でもあります。
コツとしましては軸足を内側に絞るように回転させることで
自然と膝もホームベース側に出てしまうことなく
回転していけますのでぜひ実践してみてください。

 

 

2枚目の写真で確認していただきたいのが振り出した時の腕とバットの角度です。
赤い線が宮崎様の腕とバットの形です。
こうなるとバットは遠回りをしてしまい速い球に対応できなくなります。
理想としては黄色い線の位置に腕とバットが振り出したときにあると
バットは自然と内から外にヘッドが出てきます。
コツとしては肘を伸ばそうとするのではなく手首の使い方が非常に重要になります。
どのようにすれば良いのかと言うと手首の使い方を金槌を使って釘を打つようなイメージで
手首を使えると自然と黄色い線の位置に腕とバットが来るようになります。
その金槌で釘を打つ時の手首の使い方を横にすることでヘッドが残りインパクトの瞬間に
ヘッドのしなる力を利用することができさらに強い打球を打っていくことが可能です。
テイクバックを取る時に手首を先ほどお伝えした感覚でテイクバックを取れると
スムーズにバットが出てきますので改善していけるようにしていきましょう!

 

 

3枚目の写真はインパクトの写真になります。
インパクトの瞬間の上半身がピッチャー方向に
完全に開いてしまっていることがお分りいただけますでしょうか。
このように開いてしまうと実際のインパクトの位置ではなく
体が開いた位置が一番力が出るところになってしまいます。
ですのでいざ実践で体に引きつけて打とうとしても力は入らず
ヘッドスピードがないままのスイングでインパクトを迎えてしまっていることになります。
これを改善していくためには振り出して行くときに上半身から開いていかないことが必要です。
下半身の回転から始動することで下半身と上半身のねじれが生まれます。
そのねじれが上半身の開きを抑えることにつながります。
そうすることでインパクトに最大の力を出すことができるようになっていきます。
以上の点を意識して練習していきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
脇の開きを改善するための練習方法
∟素振り前などに30スイング

トレーニング動画②
腰の開きを改善するための練習方法
∟50スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.