名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 小関 泰成 様

  • HOME »
  • オンライン解析 小関 泰成 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

まず現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まず構えた時に骨盤が後傾しているのがお分かりでしょうか?
赤い線のように肩、腰、かかとが一直線の中で膝だけが、前に出てしまうと
骨盤が後傾してしまい後ろ側に重心が傾いてしまい、バランスが悪くなってしまいます。
そうなると下半身の力が抜けてしまいやすくなるため、
強い打球を打つことが難しくなっていきます。
黄色い線のようにある程度背筋を伸ばした状態で、お尻だけを少し突き出した
状態を作ることで骨盤が前傾しやすくなります。
骨盤が前傾すると股関節にしっかり体重も乗せやすくなりますので、
バランスが良くなり打ちに行くタイミングも取りやすくなっていきます。
ですので、後ろからや前から見た時に黄色い線のような形になるように、
構えから意識して取り組んでみてください。

 

 

2つ目の画像は振り出し時の左手の腕の使い方です。
この時に左ひじが赤い線のように曲がった状態で
振り出してしまっております。こうなるとヘッドが出てきづらく後ろが小さくなってしまうので
なかなか強く打っていくことができなくなってしまいます。
また画像のように振り出してしまうとインパクトの時にヘッドが下がりやすく
なってしまうのでミート力も下がってしまいます。
理想としては振り出していく時に黄色い線のように左ひじが伸びた状態で
バットを出していけるように練習から取り組んでいってください。
そうすることでバットもボールの軌道に入りやすくもなりますし
ミートポイントが増えてきますので打てるゾーンも広がります。
また振り出しからインパクトまでの距離も取れますので
ボールに対して力も伝わりやすくなっていきます。
練習方法では腕の力でバットを引っ張るのではなく
下半身の回転と体重移動の力でバットを出していくイメージで
この練習方法に取り組むよう注意してください。

 

 

3枚目の画像はインパクト時のものです。ここでは、下半身の押し込みが気になります。
両足共にその場で回転しているだけで両足の太ももを締めて来ることができていません。
お悩みにもあったように下半身を使って来るためにも
前足を着地してからスイングに入っていく中で
両足の太ももの内側に力を入れ、両足の太ももが近づくように締めていく動きが必要です。
そうしていくことで下半身に安定感が生まれるとともにスイングが力強くなっていきます。
現状では上半身主導のフォームになってしまっているので
練習方法を実践し、下半身の力を使ったスイングをしていくことができるようにしていきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
ヘッドの角度改善のための練習方法
∟30回×2セット

トレーニング動画②
下半身を使ったスイングをするための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.