名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 前場 様

  • HOME »
  • オンライン解析 前場 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝え致します。
1枚目の写真はスイング途中の形です。
スイングの軌道がそのまま下に振ってしまっています。
お悩みの部分でもありましたが、なかなかボールを芯で捉えられないというのも、
このダウンスイングが関係しています。
ボールは赤の線のように真っ直ぐ来ますが、ダウンスイングになると
「ボールのくるライン(赤)」と「バットのライン(黄)」が交わる1点でしかボールを打つことができません。
確率よくボールを打つためには上から下へバットを振るのではなく、
ボールのラインに入れながら前へ振っていくように心がけてください。

 

 

この写真はボールを捉える瞬間です。バットと頭の位置が離れてしまいます。
そうなるとバットに力が伝わらなくなってしまい打球がフライでも内野に捕られる打球となってしまいます。
また打球がゴロになってしまうお話ですが、これはダウンスイングの影響と考えられます。
バットの軌道のまま打球も上から下へとなってしまいます。
バットの重みでそのまま下へと振ってしまい、バットと頭も離れやすくなります。
素振りの際から目線を前にして目線通りバットを振っていくことを取り組んでみてください。

 

 

この写真は2枚目と同じ写真です。ここで注目していただきたいのが左膝です。
スイングの前から左膝が開いてしまい、スイングがレフト方向へ振ってしまっています。
なので、お悩みにありましたアウトコースが打ちにくい状態となっています。

改善点として
左膝はなるべくピッチャーへ向かないように我慢してスイングできると良いです。
その際に右足が今回のようにかかとが上がっているようにしてください。
どうしても左足を止めようとすると右足も動かないようになりやすいですが、
右足を回したなかで左足(左膝)がピッチャー方向へ見えないように
我慢してスイングをしてみてください。

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
膝の開きを改善するための練習方法
∟20スイング

トレーニング動画②
バットの軌道確認のための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.