名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 菅谷 琉翔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 菅谷 琉翔 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームで幾つか改善点をお伝えしていきます。
まず前足を着地させた時に前足のつま先がピッチャー方向に
開いてしまっているのがお分かりでしょうか?
前足を着地した時にすでにつま先がピッチャー方向に開いてしまうと
上半身(肩)や腰もインパクトの瞬間に開きやすくなってしまうのです。
インパクトの後にスイングの回転の勢いでつま先がピッチャー方向に向いてしまうのは
問題ないのですが、インパクトの前につま先がピッチャー方向に開くと体が早く開いてしまい
アウトコースも遠くなりますし、バットも出てくるのが遅くなってしまいます。
ですので、足を着地させた時にはまだつま先がホームベースの方向に
向いているように足を着地させていきましょう!
そうすることでさらなる飛距離アップミート力アップにもつながりますので
ぜひ取り組んでみてください。

 

 

2枚目の写真は、スイング過程のものです。
ここで見ていただきたいポイントは、上半身と下半身の連動です。
下半身がピッチャー側を完全に向く形になっていますが、
バットはまだインパクトの前になっています。
この状態ですと、インパクトで下半身の力をボールに伝えていくことは難しくなってしまいます。
下半身の動きが回転の意識が強いため、このタイミングがずれてきてしまっています。
1枚目でお伝えした着地でつま先が開いてきてしまうという部分とともに、
軸足の親指、母子球で地面を押し込むようにしてピッチャー方向へのエネルギーを発揮し、
スイングしていけるようにしていきましょう。
そうしていくことで、上半身と下半身のタイミングが合ってきて、
より力強いスイングができるようになってきます。
そうしていくと長打も打てるようになっていくのでぜひ、取り組んでいってください。

 

 

3枚目の画像は、インパクトの直前のものです。
ここでは、グリップが前に出すぎてしまっている点が気になります。
1つ目、2つ目にお伝えした着地、連動の部分もあり、
上半身の開きが早くなってしまっているため、バットのヘッドが出てこず、
グリップが前に出すぎてしまっています。
こうなってしまうため、打球がライト方向が多くなってしまっています。
右肘をおへその前まで出すようにグリップを出してきたら、そこからは右手で
押し込むようにヘッドを走らせるようにしていきましょう。
そうしていくことで、ストライクゾーンでのヘッドスピードが上がり、
センター、レフト方向への打球も打てるようになってきます。
練習方法では、腰が一塁方向を向いたまま、この動きができるように意識して取り組んでください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
グリップの位置と体の開きを改善するための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
上半身と下半身のタイミングを合わせていくための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.