少年野球の選手をはじめ

数多くの選手が

「突っ込んでしまう」

事に悩んでいます。

 

 

その影響もあり

選手本来のスイングが

かき消されてしまう事もあります。

 

 

突っ込まないフォームを

身につけていくために

様々な改善策があるのですが

今日はその中で前足、

右打者であれば左足に注目して

その改善策をあなたに

シェア致します!

 

 

まずはこちらの

参考画像をご覧ください。

野球 打撃フォーム

突っ込んでしまう選手の多くが

このように前足の膝が曲がり

後ろ足に俗ににいう

”タメがない状態になります。

 

 

あなたが身につけたい

この時(割れ)のフォームは

下の画像のような

フォームのはずだと思います!

野球 打撃フォーム

 

多くのプロ選手が

このフォームを作り出し

凄まじいスイングを繰り出し

様々な変化球にも対応していきます。

 

 

一度この2つのフォームを重ねて見ると…

この画像のようになります。

vdcvz

赤い線の打撃フォームというのは

2ストライクなどの打者が不利な状況で

対応していかなければならない場面で

タイミングを外されたときなどの

対応していく際に必要になってくる

テクニックではありますが…

 

 

通常のスイングで

こうした”突っ込み”が

出てしまっていては

その選手本来のスイングは

体現できません。

 

 

また、この画像をご覧いただければ

お分かりいただけると思いますが

前に出てしまう(投手方向)分

ボールを長く見る時間が減ってしまいます。

 

 

軸足の修正だけではなく

 

突っ込んでしまう選手の多くが

 

「軸足にタメを作れ!」

「軸足で我慢しろ!」

 

などと捕手側にある

 

後ろの足(右打者⇒右足)の

修正を強いられるのですが

 

今日ご紹介する内容は

軸足ではなく前足

 

 

もう一度こちらの画像をご覧下さい。

少年野球 バッティング

 

あなたが習得したいフォーム(青)は

膝が伸びていて

突っ込んでいるフォーム(赤)は

膝が曲がっていると思います。

 

 

構えから軸足に体重がのり

前足を踏み込んでいく際に

真上から着地してしまいます。

ちゃくち

 

選手の多くがこうした

突っ込んでしまう現象が

多く起きる傾向があります。

 

 

こうした着地の方法を

採用するのではなくこのように…
ちゃk

斜めに着地していくと

膝が曲がりずらくなっていきます。

 

 

ここまでお話をさせていただき

もうあなたもピーン!と

きたともいますが

この2つの着地をすると

上半身の位置に変化が起きますよね。

 

 

ヒント

 

真上から着地すると

スクワットのような状態になります。

 

 

斜めから着地すると…

もうお分かりですよね!

 

 

私たちのブログをこうして永く

ご覧いただいているあなたであれば!!!

 

 

相手投手が130km後半から

140km、150kmの世界で戦う選手、

また目指している選手は

斜めに前足を使えるようになることで

ボールをより長く、後ろから

見る事ができるようになるので

メリットがたくさん出てきますね♪

 

 

 

実験

今のヒントで

分からなかった方は

イスに座った状態で

今から素振りをしてみて下さい。

 

 

肩幅ほどに足を開いて行う

素振りと前足だけ

投手方向に伸ばして行う素振り。

 

 

どちらが振りやすいか

お分かりになると思います。

 

 

この素振りをしたあとは

実際に投手方向から

ボールを投げてもらい、

足を伸ばすフォームと

伸ばさないフォームで

実際に打撃をしてみて下さい。

 

 

足を伸ばさず足を

開いただけのフォームは

低めに手を出しますが

 

前足を伸ばしたフォームは

手を出せなくなったり

ボールだ!と判断して

打たなくなります。

 

 

 

これで体で

お分かりになると思います。

 

 

突っ込む選手がなぜあんなにも

ワンバウンドするような

低めに手を出してしまうのか?

 

 

練習動画

このフォームを習得するにあたり

オススメの練習方法を1つご紹介します。

 

 

後ろ足を台の上などに乗せて行う素振りです。

 

 

この時前足の膝が曲がらないように注意ですよ!

野球 打撃フォーム

 

あなたの打撃フォームは

大丈夫ですか?

 

 

突っ込む事を直すという事は

ボールの見え方やスイングの方法も

変わるので時間が比較的かかります。

 

 

そうした兆候があるのであれば

絶対に急いで修正しなければなりません。

 

 

メルマガ