変化球を覚える際に…

変化球を覚え、投げていくなかで
どこに投げていくかというのは
欠かすことができません。

 

よく言われるのは
「ストライクからボールに投げろ」
というものだと思います。

 

しかし、
ストライクからボールだけ
練習していてもいけません。

 

ストライクからストライクに
投げていくことも必要です。

 

変化球を覚えていく際には、
まずストライクからストライクに
投げられるように
練習していきましょう。

 

変化球でストライクを
取れるようになることで

ストライクからボールになる
変化球も投げることが
できるようになります。

 

ストライクからボールの
変化球は低めのため
変化しやすい軌道になります。

 

ですので、
ストライクの変化球を
練習することで変化を
認識することができます。

 

また、コースについては
基本的にはまずは
真ん中に投げられるように
することが大事です。

 

実際の試合においても
真ん中を目がけてそこから
少しずつ変化する、
ずれることによって
コースにいくようになります。

 

ストライクからボールの
変化球というのも実際には
ボールなので打者が打てる
と思うボールでなければ
振ってくれません。

 

そのためにも
最初からコースを目がけるのではなく
真ん中から始めていけば良いのです。

 

もうひとつ、高めの変化球
というのも有効になります。

 

高めの変化球は、
打者が目付けしていないため
投げ切ることができれば
打たれにくいボールになります。

 

投げ切ることが
できればというのは、、

抜けて高めに行ってしまった場合は
棒球になり変化しないため、
危険なボールになってしまうためです。

 

以上のように
ここに投げれば大丈夫
というものはありません。

 

ブルペンや練習で使えそうだ
という手応えを得たら

どんどん打者相手に
投げていくようにしましょう。

 

そのために
バッティングピッチャーや
シート打撃の登板を有効に
利用していかなければいけません。

 

数多く打者相手に
投げていくことで
あなた自身が掴んでいく
ものがあるはずです。

 

ここからは
変化球に対して多くある悩みを
ピックアップしてお話をしていきます!

 

曲がりが早くなってしまう…

ピッチャーとして活躍するためには
変化球の精度が大切となります。

 

変化球の曲がりが早ければ、
バッターに見逃されてしまい、
狙い球を絞られやすくなるものです。

 

そうは言うものの、
なかなか簡単に曲がりを
遅くすることはできません。

 

今すぐ改善できるもの
ではありませんよね、、、

 

すぐにイメージを膨らまし
パフォーマンスとして出せる選手は
中高生にはなかなかいないでしょう。

 

そこで!!
変化球の曲がりを遅くするためには?

 

その考え方について
お話を進めたいと思います。

 

難しい動作は考えずに
シンプルにイメージ
していただければと思います。

 

あなたは変化球を初めて投げた時、
18.44mの距離から投げましたか?
(実際の距離、以下18mと省略)

 

いいえ。
きっとキャッチボール等で
初めて投げたのでアバウトな
距離だったと思います。

 

そのアバウトな距離の中でも
変化しませんでしたか?

 

もちろん、初めてですので
すっぽ抜けたりもしたと思いますが、
きっと変化したのではないでしょうか?

 

ここに大きなヒントがあります!!

 

変化球を投げる時、無意識に
目標物に対してラインをイメージし
ボールをコントロールして
腕をスイングをしていくものです。

 

もし仮に13mの位置から
変化球を投げようとしたら
きっとあなたもその距離で
なんとなくかもしれませんが、
曲げることができるはずです。

 

しかし本来、13mの位置で
変化していては18mになった時に
曲がりが早すぎてしまいます。

 

それにも関わらずに
13mでも18mでも
同じような変化させることは
きっとあなたもできると思います。
(一度試してみてください)

 

では距離を伸ばし
20m、25mにしてみたらどうでしょうか。

 

きっと、同じように
変化させることができるでしょう。

 

その変化の軌道を確認し、
曲がっているポイントを見るのです。

 

例えば、
あなたが20mの距離を投げた時に
ホームベース手前で変化したとします。

 

その体の使い方を覚え、
18mの時も同じように
20mに投げているように
体を使っていけばいいのです。

 

曲がりが早いあなたは
距離を伸ばして練習してみては
いかがでしょうか?

 

変化球の曲がりを変えるには

腕のスイング方向
リリース角度
手首の角度
握り

などで変わるものです。

 

これらは解析により
明確になっていきますよ!

 

変化球が打たれる…

中学生、高校生のバッターの多くは
変化球を確実に打ち返すことが
できない選手が多いため
変化球の精度を上げることで
ピッチャーは非常に有利に
なってくるものです。

 

そのはずが、、、

「変化球が打たれてしまう」

そんな経験はありませんか?

 

この打たれてしまう原因は

・コースが甘い
・変化量が少ない
・腕のスイングが緩む
・配球が悪い

以上のようなことが考えられます。

 

そこで
変化球が打たれると
多くのピッチャーが考えるのが

コントロールをつけることと
変化量を大きくしようとします。

 

もちろん!!

コーナーに投げ分けることができ
かつ変化量が多ければ多いに
こしたことはありません。

 

しかし
変化量を求めることばかりを考えると
体の開きが早くなる傾向が多いものです。

 

あなたにもこのような経験が
あるのではないでしょうか?

 

もし、あなたが変化量ではなく
「抑える」ことに
フォーカスをするのであれば
腕のスイングがどうなっているのか?

ということを
まず確認することが必要です。

42

あなたは決して
大きな変化球を
投げたいのわけではなく
空振りを取りたいはずです!

 

変化球はストライクを
コース関係なく、低めに
投げることができれば十分に通用します。

 

このように取り組んでいくことで
変化球の精度が上がり
高さ、横幅にプラスして
『奥行き』を使うことが
できるようになります。

 

この奥行きを使うことができれば
変化量はさほど気にならないものです。

 

そして最後に
実戦で投げていくために
大切なポイントをお伝えしましょう!

 

実戦で変化球が通用しない…

どんなに素晴らしい
変化球を持っていても

ストレートと変化球で
腕のスイングが違っていては
空振りを取ることができません。

 

いい投手と呼ばれる
投手のほとんどが
変化球をストレートと
同じ腕のスイングで
投げることができます。

 

ストレートと同じように
腕を振っていくと変化球が曲がらない。

 

そこで曲げようとして
腕のスイングが遅くなってしまう、、、

 

そんな経験はないでしょうか?

 

 

社会人野球、プロ野球の試合を
観戦していても
腕のスイングが全く違い、
連打されノックアウトされる
選手を多く見ます。

 

つまり!

どんな選手でも
簡単にできることではありません。

 

これから紹介する選手は中学生ですが
彼のスライダーは
高校生でも空振りが
とることができると思います。

 

こちらは重ねた映像です。

ショウキ 比較2

少しでも腕の位置や
タイミングがずれていると
このように二重に移ってしまいます。

ショウキ 比較3

※こちらはわざと画像をずらしています。

 

ストレートと変わらず
腕のスイングが全く一緒ですよね?

 

こんな彼も一時期は変化球を多投し
手先だけで曲げようとしてしまい
ストレートが走らなく
フォームを崩した時期もありました。

 

しかし
下半身の使い方を徹底的に見直し
今のフォームを手に入れています。

 

球速アップに向け
トレーニング、フォーム作りに
励んでいます。

 

野球経験者、特に投手をやられたことがある方は
ここまでの努力は並大抵のものでは
ないことがわかるかと思います。

 

変化球を試合で使えるようになると
ピッチングの幅も広がり

今まで気づかなかった
抑えるコツをつかむことが
できるようになっていきます。

 

もし!

『これ』と言える変化球が
あなたに何のであれば

まずは是非カーブを
習得してみてください!

 

カーブは決して
手先だけで曲がる変化球ではありません。

さらに

空振りを取れるボール
ゴロを打たすボール
ストレートを活かすボール

などと幅を広げることもでき

ピッチングフォームにも
いい影響が出てくるものですよ。

 

カーブ習得のために
下記ページをチェックしてみてください!

▼こちらをチェック!!▼

スクリーンショット 2017-03-21 18.09.21