ロゴ

 

こんにちは!

大川 画像

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

 

 

今回はトップレベルのピッチャーが

決め球にすることもある

変化球のスプリットについて

お話しさせていただきます。

 

 

 

まずスプリットとは

SFF
(スプリット・フィンガー・ファストボール)

のことを言います。

 

 

 

変化の仕方は

フォークボールのように縦に落ちますが

フォークボールとの違いは球速にあります。

 

 

 

なんとスプリットの球速は

ストレートとさほど変わらないのです。

 

 

 

そのため良いスプリットは

バッターがストレートと判断

スイングをしてくれますので

内野ゴロを打たせたり

空振りを取ることができるので

自分の武器にすることができれば

とても有効なボールと言えるでしょう!

 

 

 

また、

こうした縦の変化球は

高低や左右以外にも

奥行きを使い

配球をすることができるので

投球の幅が広がり

バッターを抑えるための

選択肢が増えます。

 

 

 

私自身も大学まで

横の変化球が中心でしたが

バッターのレベルも

高くなるにつれて

それだけでは簡単には

抑えきれなくなってきました。

 

 

 

特に、左バッターに対して

空振りを取ることが

難しくなってしまったので

縦の変化球を習得することにしました。

 

 

 

それでは

スプリットの投げ方について

お話をさせていただきます。

 

 

 

まず!

スプリットの握り方ですが

縫い目にそって挟むようにして握ります。

スプリット

この時に親指の位置が

ボールの中心に

来るよう握ることで

抜けにくくなります。

 

 

 

ここで!!

スプリットを投げる時の

注意点をお伝えします。

 

 

それは

「腕のスイングをいかに

 ストレートと同じにするか!」

という点です。

 

 

 

これはスプリットに限らず

全ての変化球に対して

同じことを言えますが

腕のスイングでストレートか

変化球か見極められ

痛打されてしまうこともあります。

 

 

 

また

「いかに低めに投げることができるか!」

ということも大切となります。

 

 

 

しかしただ、

スプリットが低めに集まっても

ストレートが低めに集まらなければ

何も意味がなくなってしまうものです。

 

 

ストレートが低めに

集まっているからこそ!

スプリットを投げた時に

ストライクゾーンから

ボールゾーンになるボールや

ワンバウンドになるボールを

バッターが振ってくれるのです。

 

 

 

変化球も大切ですが

あくまでもピッチャーの生命線は

低めへのコントロールです。

 

 

 

日頃のブルペンから

ボールゾーンになるボールや

ワンバウンドになるボールを

投げることを取り組むようにしてください。

 

 

 

あとはキャッチャーとの

信頼関係です。

 

 

 

キャッチャーに

ワンバンドがいくことを前提

投げるようにしていきましょう。

 

 

 

ランナー3塁でワンバンドを恐れ

中途半端な腕のスイングになり

打たれてしまっては

悔やんでも悔やみきれません。

 

 

 

スプリットを投げる時は

「思い切り」も大事になります。

 

 

 

キャッチャーが止めてくれる!

その信頼感が

スプリットには必要となります。

 

 

 

最後に!

スプリットの練習方法の一つを

動画にてご紹介しておりますので

▼ぜひ!ご参考にしてください▼

 

 

メルマガ