スナップスローの重要性

スナップスローと聞くと
どんなイメージを持っていますか?

内野手が使う技術と
考えているのでは
ないでしょうか?

 

確かに
内野手の選手は習得必須です。

 

ですが実際には
スナップスローは内野手だけが
使うものではありません。

 

外野手であっても!
キャッチャーであっても!
ピッチャーであっても!

習得が必須のスキルの一つとなります!

 

スナップスローを習得することで
パフォーマンスが向上することは
もちろんですが

もう一つ!
大きなメリットとして、、、

 

故障のリスクを
減らすことができる!
ということです。

 

スナップスローというのは
『力み』がある状態では
狙ったところに
投げることができません。

 

たとえ、狙った場所に
投げることができたとしても
なんだかぎこちない投げ方に
なっているのではないでしょうか。

 

スナップスローで
正確に、そしてスムーズに
投げることができるということは

「力の入れ方を理解している!」

ということでもあります。

 

力をコントロールできれば当然
肩や肘にかかるストレスは
軽減できるものです。

 

よく
「上から投げないと怪我をする」
などと言われたりするものですが

上から投げようが
下から投げようが

故障のリスクというのは
さほど変わらないのです。

 

むしろ!
上からしか投げることが
できないということは
力任せにしか
投げることができないので
故障のリスクが
高くなってしまうのです。

 

今回、ご紹介する
スナップスローというのは
野球選手として必ず!
身につけていただきたい内容です!

 

特に!
小・中学生の選手では

このスナップスローが
できるのか?できないか?
とではスローイングの精度に
大きく差が開いていくものです。

 

よく親御様から

「スナップスローが
できているのか
できていないのか
よくわからないので

どうしたら、
できていると言えるのか
教えて欲しいです。」

という声があります。

 

確かに!

ここまで
スナップスローの重要性を
お伝え致しておりましたが

そもそも
スナップスローが
どういう形であれば
出来ていると言えるのか?

という基準については
ご説明ができていませんでしたね。

 

スナップスロー フォーム

実際にキャッチボールでは
スナップスローのような
動きをしていても
試合では投げれないことは
高校生の選手でも多くいます。

 

大切となるのは
何度も何度も
正しい形で反復し
無意識に!
そして瞬時にできる
ということが
大切となります。

 

そこで!
スナップスローで投げた時、
悪い例と良い例を比較しながら
動画にてまとめさせて頂きましたので

ぜひ!
あなたのお子様が
悪い例のような形になっていないか?
ということを確認してみてください!

 

▼動画はこちら▼

 

ご紹介している動画は

『上から投げた時』と

『下から投げた時』の

2パターンを
比較させて頂いております。

 

動画後半が下から投げた時です。

 

下から投げることで
より!スナップスローが
出来ているのか?
ということを
確認しやすいかと思いますので

ぜひ、お子様に
下から投げてもらい
悪い例のような形に
なっているのであれば
改善のために練習してくださいね!

 

スナップスローは連動が必要

スナップススローは
よく手首を使って投げるものと
答える選手が多いです。

 

もちろん
手首を使わなければ
投げることができないので
当然手首を使って投げるのですが

「手首のみ」を意識してしまうと
コントロール良く投げることが
難しくなってしまいます。

 

スナップスローで
コントロール良く投げるためには
下半身が固定された状態から
肩甲骨から肩、肘、手首と
連動させなければなりません。

 

この連動こそが
スローイングだけでなく
ピッチングやバッティング
でも必要となり

結果的にスナップスローの習得が
全てのパフォーマンスが
向上していくのです。

 

スナップスローの習得は
野球選手として
プレーするのであれば
習得が必須な技術です。

 

スナップスローは
年齢を重ねれば
自然にできるように
なるものではありません。

 

小学生でできる選手もいれば
高校生でできない選手もいます。

 

投げ方というのは
一度変な癖が
身についてしまうと
改善に時間がかかってしまう
ケースがたくさんあります。

 

ですのでスナップスローは
早い時期から取り組むべき
技術なのです!

 

 

スナップスローに必要な
体重移動や下半身の使い方、

さらには
オーバスロー、サイドスロー
アンダースローまでと
様々な腕の位置から投げるコツまで
セミナーでご紹介させていただいております。

 

ぜひ、スナップスローを習得して
スローイング、そしてピッチング、
バッティングのレベルアップへと
お役立てください!

 

▼セミナーはこちらから▼