野球選手として肩肘のケガのみならず様々なケガにならないために!
ストレッチが大切だということはあなたもご存知ですよね。

毎日ストレッチを取り組んでいる!という選手も多いのではないでしょうか。

 

しかし!毎日のストレッチを行う中でほとんどの選手が誤った形でストレッチを行ってしまっているのです。

 

よくチームの練習で監督やコーチに押されて、悲鳴をあげている選手を見ることが多いかと思います。

 

結果として
「ストレッチは痛い事をされるから嫌いだ!」と思う選手や、なかなか成果が出ずに「ストレッチはやっても意味が無い」なんて思っている選手も多いのではないでしょうか。

 

また継続していてもなかなか成果が出ない選手もいるかと思います。

成果が出ないということは何か原因があります。

 

ストレッチの意味を理解し、意識を持つことで時間はかかったとしても確実に成果は出てきます。

 

ではどのような形でストレッチをしていくべきなのか?ということを今回は紹介させて頂きます。

現在ビーワン鍼灸治療院では野球選手のケアを行っていますが、その中に「なかなか柔軟性が改善しない…」と悩みを抱える選手がいます。

 

選手たちに話を聞くと「ストレッチをただやっているだけ」という選手がほとんどでした。

 

ただストレッチをやるだけでは自分がどれだけ変化したのか?ということを感じることができません。

 

またストレッチを行う中で何のためにストレッチを行なっているのか理解できていない選手がとても多くいます。

 

ただ単にストレッチをやっているだけでは身体を変化させていくことはできません。

 

身体を変化させ怪我を予防しパフォーマンスを向上させていくためにはまず自分自身を知ることが重要です。

これは自分自身でもチェックできることです。

 

↓例えばこのようなチェック方法です↓

①しゃがみこみテスト

膝を開かず、かかとが浮かず、しゃがむことができるのかチェックしていきます。

 

②しゃがみこみバンザイテスト

しゃがんだ姿勢のまま、耳が隠れるまで腕を挙げられるかチェックしていきます。

 

③殿踵距離テスト

かかとがお尻に着くことができるかチェックしていきます。

 

④前屈テスト

膝が浮かずにどこまで倒れていけるかチェックします。

 

⑤足抱えテスト

膝が胸に着くかチェックしていきます。

 

これらの動きを行った時に動きが悪くなっていたり、制限がある場合にはまずはその動きを改善していく必要があるのです。

 

そのメニューが動きを改善するためのストレッチにもなったり、動きの確認をするためのテストにもなっていくのです。

 

またこれらのストレッチを行う中でより効果を出すためのポイントがあるのです。

 

それは「ストレッチの目的を理解すること」です。

このストレッチを行うことで
どの部位が伸びているのか?
またいつもと比べて伸びる感覚の違いはあるのか?
ということを感じることが必要となります。

 

そしてもう一つ!ストレッチを行う際のポイントとして「呼吸をすること」が大切となります。

 

柔軟性を改善しようと強引に足を開いたり、無理なストレッチをしようとすると呼吸が止まってしまいます。

 

呼吸は身体をリラックスさせる効果あります。

特に呼気(吐くこと)を意識して行うと体の緊張がほぐれ柔軟性の改善にも繋がっていくのです!

 

無理なストレッチは怪我につながる恐れもありますので、やめましょう!

 

これらが理解できたらあとは継続していく事です。

やはり大切なのは継続する事なのです。

継続できなければ成果は出てきません。

 

まずはチェックなどにより、自分自身の体の状態を確認し、自分の体に合うストレッチを継続して行っていきましょう!

 

まずは今回ご紹介した
・しゃがみこみテスト
・しゃがみこみバンザイテスト
・殿踵距離テスト
・前屈テスト
・足抱えテスト
を行い、日頃の体の確認を行っていきましょう!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録