先日、
ドラゴンズカップ2019大会の出場チーム
『高岡リトルシニア』へ訪問いたしました。

高岡リトルシニアは
昨年度のドラゴンズカップへも出場されていて
2年連続出場の強豪チームです。

 

昨年度の成績はベスト4!

 

昨年度は投打のバランスが取れた
非常に強いチームでした。

 

高岡リトルシニアの特徴は
監督、選手ともに
『打撃が売り』と話していました。

取材当日も小雨が降る中
バッティング練習をしていました。

 

ここで驚いたのが
どの選手もスイングする力が強いこと。

各ポジションに選手たちが
守備についていましたが
外野のポジションの位置が異様に深く、

『本当にそこまで飛ぶのかなぁ?』
と疑って見ていましたが
その外野の頭を越す打球
多くの選手が打っていました!!

バッティングする選手は
とにかく飛距離を競い合っていましたが

ただ大振りをするのではなく
しっかりと自分のフォームを意識した中
全身を使ってスイングしていました。

その証拠に
打ち損じをする選手が少なく
芯で捉える確率が高かったです!

昨年に続き和田監督に
インタビューをさせて頂きました。

 

和田監督とのお話の中で
昨年のドラゴンズカップの
準決勝の話が出てきました。

 

津ボーイズとの試合です。

高岡リトルシニアは
最終回まで1点リードしていて
当時先発をしていた投手が
最終回に相手打線につかまり
和田監督は投手交代をするべきか
悩んでいたそうです。

 

結果的に続投をし
逆転されたのですが和田監督は

『あそこの場面で投手交代に悩んで
しまった。』

『結果的に逆転されたのは
悩んだ僕の判断ミスだった。』

と今でも悔やんでいるそうです。

 

野球は一つの判断の遅れで
勝敗が決まってしまうスポーツでもあり
改めて投手交代の判断の難しさを感じたそうです。

 

和田監督は
本気で優勝を狙っていたからこそ
今でも試合の展開を
鮮明に覚えているのだと思います。

 

今大会は自慢の打線が爆発するか?
前回大会のように投手戦になるのか?

どちらにしても
和田監督の采配に注目です。

 

また後日
和田監督と近藤選手の
インタビューを配信いたします。

お楽しみに!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録