球速アップ

ピッチャーの能力の1つとして『球速』があります。
その球速を上げるために、日々の練習やトレーニングに打ち込んでいる選手も少なくはありません。

そこで今回はなぜ、球速を上げると良いのか?についてご紹介していきます。

 

メリット① リリースからインパクトポイントまでの時間が短くなる

球速が速ければバッターは当然、短時間でストライク、ボールなどを判断しなければいけません。
球速が速いことで、ボール球を振ってくれる確率も上がるので、バッターを抑えられる確率も上がります。
また、球速が速いことで高めのストレートも効果的になり、配球の幅も広げることが可能となります。

球速と時間

メリット② 進学やプロ野球のスカウト評価が上がりやすい

野球の世界で試合に出たり、野球で進学したり、プロ野球選手になるためには必ず、第三者の評価が必要となります。速いボールを投げることは、評価する側にとって、評価もしやすく魅力的なのは間違いありません。

ドラフトで指名される選手達の代名詞として

「MAX150キロ!」などと表現されます。
このような球速を出していかなければ、高校野球から大学野球、社会人野球、そして、プロ野球とレベルが上がれば上がるほど上のステージで投げさせてもらえなくなってしまうのです。

もし!
あなたのお子様の球速がMAX120キロながらも、毎回、無四球完封勝利を収めていたとしても、ドラフト候補としてスカウトにリストアップされるでしょうか?
アンダースローであれば可能性がありそうですが、なかなか難しいです。

極端な例かもしれませんが、上のステージに上がれば上がるほど、球速というのはピッチャーとして活躍するために必要不可欠なものなのです。

スカウト

メリット④ 変化球との緩急で打者を崩しやすい

速いボールを投げられることで、バッター心理としては「振り遅れないように」そう考えたりするものなので、変化球がとても有効となります。
また、速いボールというのはタイミングを早く取らなければ打てないので、低めの変化球で打者を崩しやすくなります。

投球

メリット⑤ リリースからキャッチャーまでの時間が短くなることで盗塁しにくくなる

あなたは「変化球のサインの時に走る」などと聞いたことはないでしょうか?
球速が速ければ、投げたボールがキャッチャーまでに到達する時間が短くなり、盗塁を阻止する確率がアップします。
そこで、クイックの精度、牽制の技術を習得していけば鬼に金棒です。

盗塁

このように球速がアップすることで、投球の幅が広がり、チャンスもつかむことができるようになります。

ピッチャーとして活躍するためには、バッターを抑えることはもちろんですが
・試合に出るため
・野球で進学するため
・プロ野球選手になるため
には必ず第三者の評価が必要となります。

速いボールを投げることは、評価する側にとって評価もしやすく魅力的なのは間違いないのです。

しかし、球速を上げることは難しく、生まれ持った才能と思われがちですが、本当に才能だけであれば、一昔前に想像できなかった中学生や高校選手の選手が140キロ台の球速を出す投手が、これほどまでに現れることが想像できたでしょうか。

もし、あなたが球速が上がらないと悩んでいるのであれば、球速があるフォームやトレーニング、練習方法などをしっかりと理解し、取り組んでいくようにしましょう。

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録