球速を上げやすくしていくためのポイントについて今回は紹介します。

 

わかりやすく投球動作を5つに分けて、紹介します!

 

①片足で立つ

まずはじめに投球動作で行うこととして片足で立つ』動きがあります。

 

このような形です!!

真っ直ぐ立つ

ワインドアップ

この時に重要となるのがまっすぐに立つ』ということです。

 

単純な動きではありますが、うまく球速につなげられない選手は、この時点で動作が崩れています。

 

この真っ直ぐ立つ動きができない選手が多くいます!

 

立っている足のバランスがうまく取れなかったり、足をあげる動きの際に体を反ってしまうなど、できない要素は多くあります。

 

真っ直ぐ立てているかチェックをする際は、サードベースやファーストベース方向から見るように体の正面から見る形と、キャッチャーやセカンドベース方向から見るように体の横側から見る形を確認していきましょう。

 

②地面を軸足で押し込む

次の投球動作として地面を軸足で押し込む』という動きがあります。

軸足で押し込む

ここではプレートに触れている足を軸足として考えていきます。

 

片足で立った状態から前足を踏み出していく際に

・足の親指側が浮いてしまう

・軸足の膝がセカンドベース方向に倒れてしまう

膝が割れる

・膝が前に出てしまう

膝が前に抜ける

・キャッチャー方向に折れてしまう

キャッチャー方向に折れる

というような状態では、キャッチャー方向に力を発揮していくことも、難しくなります。

 

膝が左右や前方向にずれてしまうと、力が抜けやすくなり球速アップにも繋がりません。

 

そのためには軸足で真っ直ぐに立ってから、地面を押し込むことが重要となるのです。

 

③体重移動をスムーズに行う

次のポイントとして『体重移動がスムーズに行えているか』という点が挙げられます。

 

体重移動がスムーズでなければ、軸足から前足に向けて、力を発揮していくこともできません。

 

軸足では力を発揮していくこと、前足では力を受け止めることをできることで、スムーズな体重移動の中で力の発揮が行えるのです。

 

体重移動がスムーズに行うためには、軸足の動きと前足の動きが重要となります。

 

④頭の位置をコントロールする

4つ目は頭の位置をコントロールすること』です。

頭の位置

特に大切な場面として、体の回転を行なっていくタイミングです。

 

回転動作を行う中で、頭の位置がずれてしまえば、回転が大きくなってしまい、力の発揮が難しくなります。

 

うまく力が発揮できなければ、球速アップには繋がりません。

 

右投手と左投手では動きが異なるため一概には言えませんが、頭の位置は動きすぎないと体の回転はスムーズに行うことができるのです。

 

⑤腕のしなり

最後に「腕のしなり」がポイントとなります。

 

しなりができるということは、腕と体が連動した形となっているので、力を発揮しやすくなります。

 

しなりが浅くなってしまうと、腕の力を必要以上に使わなければならない状況になるのです。

 

またしなりと言っても、腕だけで行うのではなく、下半身や体幹部を含めた全身が
使えた中でしなりを行うことが必要となります。

 

腕だけでしなりを行おうとすれば、肩肘に負担がかかりやすく、腕だけですので力の発揮も弱くなってしまいます。

 

今回紹介した内容に関しては、絶対ということではありませんが、球速アップのために必要な要素であります。

 

これらのポイントを是非チェックしてみてください!

 

もしできていないポイントがあれば、動作の中で習得できるように、取り組んでみてください!!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録