バッティングで悪影響を及ぼす
「ドアスイング」

ドアスイングになってしまうと
ヘッドが遠回りしてしまい
差し込まれることに
繋がってしまいます。

 

BASEBALL ONEに
お越しいただいた選手の中にも
「振り遅れが多く、詰まった打球が多い…」
という悩みを持った選手がいました。

 

そこで動作解析を行い
詰まってしまう原因が
「ドアスイング」だったのです。

彼のスイングは振り出し時に
バットが体から離れてしまい
バットが遠回りしてしまうことで
インパクトポイントまでの到達が
遅れてしまっていました。

 

そうなってしまうと
振り遅れによっての詰まりや
逆方向に飛んでしまうことに
繋がってしまいます。

 

自分のフォームを見ながら
説明していたこともあり
「ほんとだ。わかりやすい!」
「だから振り遅れてしまうんですね!」
と選手も親御様も
理解していただきました。

 

そこでドアスイングを
修正していくために
3つの練習を取り組みました。

 

1.ドアスイングにならないようにする練習方法

まず、はじめに
「振り出し時、ヘッドが離れないようにする」
という練習を取り組みました。

 

構える際にバットを肩の上に置き
そのままスイングしていきます。

 

肩の上にバットを置き
スイングしていくことで、
腕に意識を持つことなく
体の近くを通して
スイングすることができます。

 

2.振り出し時ヘッドが離れないようにする練習方法

次に取り組んだ練習は、
よりスイングの形に近づけるために
「バットを頭につけたままスイングする」
という練習です。

 

この練習を行うことで、
実際のトップの形に近い状態で
頭から離れないように
スイングすることに加え、
手首の角度を覚えることができます。

 

3.ヘッドが下がらないようにするための練習方法

そして3つ目に取り組んだ練習が
「ヘッドが下がらないようにする」
という練習です。

 

この練習では
押し手側の肘にボールを挟み、
そのボールを落とさないように
スイングしていきます。

 

ボールを挟みながら
インパクトに向かっていくことで
振り出しでの腕の離れを
改善することができます。

 

腕が離れてしまうことで
バットが遠回りしていくことが
改善されていきます。

 

今回ご紹介した練習を
取り組んだ結果、
スムーズにバットが出るようになり、
振り遅れや打ち損じが少なくなりました。

打球も逆方向ばかりではなく
レフトやセンター方向への
打球が多くなり、
彼も嬉しそうにしていました。

 

彼はその後も
レベルアップに向け、
新たに出てきた課題に
取り組んでいます。

 

毎月5名様限定 無料体験実施中!

BASEBALL ONEは
愛知県内8店舗展開し
選手のサポートを行なっています!

 

フォームを細かく分析できる動作解析
マンツーマンのパーソナルレッスン
を通して、お子様に合ったフォームや

練習方法を提案します!

 

普段の練習や試合を通して
上手くいかないことや
疑問に感じていることなどなど…

あなたやお子様が
抱えているお悩みを
私たちにお聞かせください!

 

お子様のフォームを細かく分析し
マンツーマンでサポートします!

 

現在、毎月5名様限定で
無料体験を実施中です。

 

申し込みは先着順となりますので
お早めに申し込みください!

 

▼無料体験の詳細・申し込みはこちらから▼

野球教室

 

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *