burog-1024x262


よく少年野球選手に起こってしまう
ケガとして
『肘の剥離骨折』
というものがあります。

この剥離骨折というのは
強い痛みを発し、
さらに完治まで長引いてしまうことが多いケガ
になります。

 

野球選手が剥離骨折をする場合
「肘」が多いのですが
その他の部位でも
発生することはあります。

 

肘以外にも
足首手の指などでも
起きてしまうものです。

 

どのようにして起こるのか?

剥離骨折が起きる場合
瞬間的に筋肉が縮み
靭帯が引っ張られていきます。

その際、
靭帯が切れてしまうよりも
靭帯のついている骨の部分が
剥がれてしまうのです。

 

 

特に子供の骨は未完成で弱いため、
靭帯よりも
先に骨が剥がれてしまうのです。

 

剥離骨折というのは
瞬間的な場面で

大きな力1箇所にかかり
起こってしまいます。

 

 

例えば…

肘の場合、
投球時いきなり肘に痛みが走る。

足首であれば
捻挫をしたときや
ぶつかったりして転倒したときなど

があります。

剥離骨折は激痛を伴い、
腫れ熱感関節を動かせない
などの炎症症状が起きます。

 

このような場合には
まずアイシングを行いましょう!

 

それから、
できるだけ早く!
病院での診察をしっかりと受け
お医者さんに見てもらうことが大切です。

 

先ほども説明したように
筋肉が瞬間的に縮んだために
起きてしまったケガですので

まずは安静にして
筋肉を動かさないように
していくことが大切です。

 

安静期間に動かしてしまうと
症状が悪化してしまったり
治るまでの期間が
長くなってしまったりします。

 

そのため、
ケガをして間もない時には
ギブス固定をして
患部を安静にしていくのです。

 

その後はリハビリを行い
筋力を回復させつつ
可動域を改善していきます。

 

予防していくために

この剥離骨折を予防していくためには
日々のストレッチや
エクササイズが
大切です。

ストレッチ不足により
筋肉が
かたくなってしまったり
可動域が狭くなってしまったりすると
発症の可能性が高くなってしまいます。

 

毎日継続的に
しっかりとストレッチをする
必要があります!

 

野球をしている以上は
すべての選手に起きる可能性があるのです。

”ピッチャー以外のポジションだから
やらなくて良いだろう”
ではありません!

 

すべての選手が
発症する可能性もあるので
意識してストレッチなどの
ケアを取り組んでいきましょう!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録