burog-1024x262

キャッチング
キャッチャーとしての
見せ場の一つであります。

 

その見せ場を
あなたは逃していませんか?

 

キャッチング一つで
ボールの良さを
引き立たせる事ができます。

 

その反面、キャッチング一つで
ボール悪くしてしまうこともあります。

 

キャッチングは
ピッチャーの出来を左右する
のです。

 

キャッチングは
「バシッ」と捕球した位置で

 

ミットが動いてしまうと
どうしても審判からの見え方が
悪くなってしまいます。

 

だからこそ
「しっかりとしたキャッチングを
身につけなければ・・・」
誰もが思っているはず!

 

それでも
「ミットが動いてしまう」
「キャッチングが悪い」
そんな声は少なくありません。

 

分かっていてもそう簡単にはできない
それがキャッチングというものです。

 

「コツさえ掴めれば」
と思うこともあるかと思います。

 

そこで今回は
キャッチングについて
お伝えしていきます。

 

キャッチングが悪い選手の特徴

あなたは今回挙げるポイントに
当てはまっていませんか?

 

1.構え

構えはキャッチングを行う中での
備えとなります。

備えがしっかりしていなければ
キャッチングは上達しません。

 

キャッチングを行うにあたり
どのような姿勢になってしまうと
キャッチングが悪くなってしまうのか…

 

それが
「地面と垂直」です。

姿勢を真っ直ぐさせる事で
地面と上体が垂直になってしまい
キャッチングに悪影響を与えます。

 

どのような影響を受けてしまうのか?

それはボールの見方です。

 

垂直な姿勢で構えてしまう事で
ボールに対して「上から見る」状態になり
キャッチングの際にキャッチャーミットが
落ちてしまう原因に繋がってしまいます。

 

よってミットが動く事になり
審判の判定に大きく左右される
原因の1つにもなります。

 

2.腕

捕球を行なっていく中で
腕が伸びてしまう選手が多いです。

腕を伸ばしてしまう事によって
体から腕が離れていき
腕の操作が行いづらくなります。

 

つまり
キャッチングを行う上で
ミットを扱う事が
難しくなってしまうのです。

 

自由に腕、ミットを扱えなければ
キャッチングは悪くなってしまいます。

 

様々なボールが投げ込まれてくる中
ボールに対応していく必要があり
その中で自由にミットを扱うことができなければ
良いキャッチングを行うことができません。

 

わずかな誤差が
キャッチングに繋がります。

 

3.手、腕だけのキャッチング

捕球となると
手・腕に頼りがちになる
選手も少なくありません。

キャッチャーは座っている状態で
キャッチングを行う為
上体への意識が強くなってしまいます。

 

手や腕だけに頼ったキャッチングは
ボールを捕りにいくあまり
ミットを止める事が難しくなります。

 

つまり、ミットが自由に扱えません。

 

速い、遅い
曲がる、落ちるといったように
ボールは様々な動きをします。

 

そういった中で
手や腕だけに頼っていては
対応が難しくなります。

 

キャッチングに悪影響を与える他、
良いボールを引き立てる事も
出来なくなってしまいます。

 

キャッチャーは座っている状態で
キャッチングを行います。

座っている状態であっても
座っている状態で

あるからこそ・・・

「脚で捕る」

といった事が重要なのです。

 

ミットが動かないキャッチングのコツ

これまでキャッチングが悪い
選手の特徴を挙げてきましたが
ここからは良いキャッチングを行うための
コツについてご紹介します!

 

ミットが動かないキャッチングのコツは
・見せる
・触れる
・腕の角度を固定する
この3つです。

 

1.見せる

捕球をしていく中で最終的に
ミットの面を下に向けてしまう
ミットが動いてしまう事
繋がってしまうことがあります。

 

その為、捕球時の状態のまま
ミットの面をピッチャーに
“見せる”といった形を取ることで
動きが出ないキャッチングを実現します。

 

2.触れる

捕球の際に
ボールを掴もうとするあまり
握る動作が強くなってしまいます。

 

そうなってしまうと
ミットがボールに対して
上から入ってしまい
ミットの動きが出てしまう
原因となってしまいます。

 

その為、
捕球時のミットとボールを
「触れさせてあげる」
ことでミットの動き
抑えることができます。

 

3.腕の角度を固定する

どうしても
ボールを捕りに行こうとすると
腕が伸びてしまうものです。

 

腕が伸びきってしまうと
ミットの自由が利かず
ミットが動いてしまいます。

 

その為、構えで作った
曲げた腕の角度を
なるべく固定して
捕球を行なっていくことで
ミットの動きを止めることが
可能となっていきます。

キャッチング1つで
キャッチャーとしての
見え方が変わっていきます。

 

いくらいい肩であっても
良いリードがができても
キャッチングが悪ければ
キャッチャーとしての見栄えが
悪くなってしまいます。

 

もちろん
ピッチャーを引き立てる上でも
キャッチングは重要です!

 

ミットが動かない
キャッチングをするための3つのコツ!

是非、参考にしてみてください。

 

キャッチング練習

最後に!
今回のポイントを押さえた
キャッチングの練習方法をご紹介します!

 

▼練習動画はこちら▼

こちらの練習で
見せる・触れる・腕の角度のポイントを
押さえることができます!

 

キャッチング練習の中に
取り入れてみてください!

 

キャッチャー必見!プログラム

キャッチャープログラムでは
今回ご紹介した構え方やキャッチング、
ステップ、スローイングの行い方まで
ご紹介しています!

 

勝敗を大きく分けるのも
扇の要となるキャッチャーです!

 

キャッチャーとしての能力を上げるためにも
キャッチャープログラムをご活用してみてください!

▼キャッチャープログラムはこちらから!▼