守備においてスピード
大切なポイントになります!

 

速ければ速いほど
アウトに出来る確率は
もちろん高くなります!

 

このスピードは内野手だけでなく
キャッチャー
求めていかなければなりません!

 

キャッチャーのプレーに
セカンド送球があります!

 

セカンド送球にも
・捕球から送球までの速さ
・ボールの速さ
など、スピードが求められます。

 

その速さを生み出すために
何が重要なのか?

 

今回は
『捕球から送球までの速さ』
をテーマとして解説します!

 

まずはこちらの練習動画をご覧ください!

▼練習動画はこちら▼

速い動きをするためには
低姿勢のままその場切り返す
ことがポイントとなります!

高い姿勢になってしまえば
トップを作るまでに
時間がかかってしまいます。

 

また高い姿勢では
下半身の力も使えないので
強いボールを投げられません!

 

その
「低姿勢のままその場で切り返す」ために
足の動きが重要となります!

 

足を素早く着地させることで
低い姿勢を保ったまま
トップを作ることができます!

 

低い姿勢を作り出すことができると
セカンド送球を速くできます!

ぜひ、練習動画を参考に
取り組んでみてください!

▼練習動画はこちら▼

 

キャッチャー必見!
キャッチャーのためのプログラム

キャッチャープログラムでも
今回ご紹介したセカンド送球について
ご紹介しています!

 

勝敗を大きく分けるのも
扇の要となるキャッチャーです!

 

キャッチャーとしての能力を上げるためにも
キャッチャープログラムをご活用してみてください!

 

▼キャッチャープログラムはこちらから!▼