burog-1024x262

 

あなたも少なからず肩や肘に違和感を感じたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし「痛みではないから大丈夫」と思っていませんか?

その油断が後になって大きな後悔に繋がるかもしれません!

 

もしかしたらその違和感はケガの前兆として起きているものかもしれませんよ!

体に感じる違和感には是非注意してほしいものです。

 

はじめに断っておくと肩肘というものは野球をやる以上、負担がかからないようにするということはまず無理な話です。

そのため負担が積み重なれば、違和感やケガに繋がってしまう可能性が高いのです。

 

では違和感というものはそもそもどのようなものか?

自分自身の感覚で他人の感覚というものは理解しづらいため、なかなか表現がしにくいものかもしれません。

 

例えば、
・手を上げていく時に肩に“つまった”感じがする
・投球動作を行うと肩甲骨のあたりで音がなる
・肘の曲げ伸ばしの時に内側が伸ばされるような感じがする
・動きの中で肩や肘に張りを感じるetc…

このような違和感を感じるのではないでしょうか?

 

しかし違和感というのは漠然としたもので、痛みなのかただの筋肉の張りなのかということは分かりにくいものです。

 

ですので違和感を感じた時にはまず!「動作や動きの中で痛みがないか?」ということをチェックしてください。

 

肩の場合であれば、

手を前からあげる動作

あ1

横からあげる動作

あ2

投球動作のテイクバックの動作

あ5

トップから腕を加速させる動作

あ6

など様々な動きを行なって、肩に痛みが出ないかチェックしてください。

 

また肘であれば、

曲げ伸ばし

あ3

手首を反らす動作

あ4

もしかしたらその違和感は痛みがあるから起きている違和感なのかもしれません。

 

この時に痛みが出てしまった場合はアイシングをするようにして、早めに病院での診察を受けるようにしましょう。

病院でエコーやレントゲン、MRIといった画像で見てもらうようにしていきましょう。

 

もちろん痛みがでていなかったとしてもアイシングは行なっても構いません。

 

しかし!ここで注意してほしいのが順番です。

アイシングは必ず痛みをチェックした後に行うようにしてください。

 

アイシングにより痛みを感じにくくなってしまう為、チェックの時に痛みを見落としてしまう可能性があるのです。

 

ただし、小学4年生ごろから中学生の年代で『肘の外側』に違和感が出た時にはすぐに!病院での診察を受けるようにしてください。

 

肘の外側に起きてしまう『離断性骨軟骨炎』という肘のガンとも言われる、ケガを起こしてしまっている可能性が高いのです。

このケガは復帰にも時間を要してしまい最悪の場合、手術をしなければならなくなってしまう場合もあるのです。

 

またプレーをする中で違和感が出てしまった時にも同じくまずは自分で痛みなのか?ということをチェックしてください。

そして痛みが出る場合には早めに病院で診察するようにしてください!

 

自分の体に感じていることは誰もわかってはくれません。

自分の体は自分で守っていきましょう!

 

そのためにはやはり!
予防が大切です!

 

その予防策として
日頃のストレッチが
必要となります。

 

先ほど名前を挙げた
「離断性骨軟骨炎」
にもならないためにも

日頃のストレッチを
行っていきましょう!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録