あなたはセルフケアを行っていますか?

ケガを心配するのであれば
『セルフケア』を!

パフォーマンスアップには
『セルフケア』

大切となります!

 

今回はセルフケアの
有効性とメニューの
ご紹介を致します!

 

パフォーマンスアップに繋がる
〜セルフケア〜

野球のプレーの中では

「踏ん張る」

という動作が多くあります。

 

ピッチングで言えば
ステップ足において
軸足から伝わってきた力を
逃さないようにするためにも
「踏ん張る」
ということが重要になります。

 

踏ん張りが効かなれば
力が逃げてしまい球にも
力を伝えていくことが
できません。

 

またこれは
バッティングにおいても
言えることです。

 

ステップ足が
先に割れてしまったり
開いてしまうことで
力をうまく伝えて
いくことができません。

 

また守備や走塁における
動きの中や
切り返す動作などでも
足の踏ん張りは
とても重要なのです。

 

この足の「踏ん張る」
という動作では
どの部位が
使われているかというと…

足の『指』なのです。

 

この足の指が
しっかりと働いてくれることで
さらに踏ん張りがうまく
使えるようになっていくのです。

 

そして足の指を
使えるようになることで
パフォーマンスも
向上していくのです。

 

よく足の指の運動として

グー、パーを足の指を使って行ったり
タオルを床に引いて
そのタオルを足の指でかき集めていく

というようなメニューは
よく見られると思います。

 

もちろん
このようなメニューでも
足の指も使えるように
なっていくのですが
動きというのはなかなか
改善されていくものではありません。

 

まずは大きな動きの中で
動かせるように
なっていくことが

必要になっていきます。

 

動きが大きくなっていけば
その分動きにも余裕が出て
力も発揮しやすくなっていくのです。

 

先ほどお伝えした
足の指を使って
動かすことは
もちろんですが

まずは
『足の動きやすさ』
を作ってあげることが
重要になるのです。

 

では足の動きを改善していく
メニューを紹介していきます。

 

このメニューでは
ゴルフボールを使用します。

ゴルフボールがなければ
少し硬めのボールで
代用して頂いて構いません。

 

裸足になり
足の裏でゴルフボールを
ゴロゴロと転がします。

この時に
痛いポイントもある
かと思いますので
まずは慎重に体重を
かけていくようにしてください!

 

ボールを転がすことを
左右各1分ほど行います。

 

たったこれだけです!

 

これをやるだけでも
足の指の動きも
動きやすくなっていくのです。

 

そのあと
足の指を動かしたりする
メニューを行うことで
さらに動きを広げて
いくことができるように
なります。

 

足の動きが良くなっていけば
確実にパフォーマンスには
良い影響を及ぼしてくれるのです。

 

お風呂で行える
〜セルフケア〜

野球選手は
練習時間が長かったり
試合時間が長かったり
します。

 

そして練習や試合の
繰り返しとなると
どうしても疲労が
溜まりやすくなります。

 

そのためにも!

体をクールダウンさせたり
栄養補給をしていくことが

ケガの予防や
調子を維持させることに
繋がっていきます。

 

練習や試合の後には
お風呂に入ると思います!

 

このお風呂の入り方を変えることで
疲労も早く除去していくことが
可能となっていくのです。

そのお風呂の入り方とは?

 

まず!
①しっかりと湯船に浸かること!

 

湯船に浸かることで
血流が促進されることと
水圧によっても血の巡りが
良くなっていくのです。

 

夏場には冷たいものから
冬場には寒さから
内臓に負担を
かけてしまいます。

 

そして内臓の働きを
弱めてしまいます。

 

そこで
湯船に浸かることで
内臓の機能を
回復していくことが
可能となるのです。

 

次に!
②交代浴により血流を促す

 

交代浴とは本来暖かいお風呂と
冷たいお風呂を交互に入る
というものですが

なかなか2つ浴槽があるという
ご家庭も少ないかと思いますので
シャワーで代用して頂きます。

 

暖かいシャワーと
冷たいシャワーを
下半身に2分ほど
ずつかけていくのです。

 

これにより
冷たいシャワーの
時には血管が縮み、
暖かいシャワーの
時には血管が広がるのです。

 

これが交互に起こることで
血流も良くなっていくのです。

 

この2つを行っていくことで
早く疲労も除去していくことが
可能となっていくのです。

 

疲労は蓄積されてしまえば
回復もできなくなってしまうのです。

 

一日一日をしっかりと
疲労を除去していくことが
必要となるのです。

 

このお風呂に入った後には
しっかりストレッチを行うことで
さらに可動域の改善をして
ケガの予防にも
繋げていくことができます。

 

毎日繰り返していくことが
大切になります。

 

お風呂に入った後に
行うストレッチも
重要となります!

 

そのストレッチのメニューは
こちらの
【柔軟アッププログラム】で
ご紹介していますので
今回の内容と併せて
チェックしてください!

 

ケガ予防や
コンディションを整えるためにも
セルフケアとストレッチを
欠かさず行っていきましょう!

▼柔軟性アッププログラム▼