こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

 

プレッシャーを与える事」というのは
ランナーに常に求められることです。

 

これは
足が速い、遅い関係なく
チーム全体で取り組むことで
より効果を発揮することができます。

 

逆に言うと
足の速い選手だけや
一部の選手だけがやっていても
1試合を通してプレッシャーを
かけることができません。

 

プレッシャーというのは
1試合を通して与え続けるからこそ
効果をより発揮します。

まずは
そこを理解した上で
チームとして取り組んでいきましょう。

 

 

今回は
プレッシャーを与える為の
偽走スタート』について
紹介していきます。

 

偽走スタートというのは
スタートを切ったように見せることが
ポイントとなります。

 

ここで
1つ目に押さえておきたいことは
盗塁と同じスタートの切り方をする事です。

 

間違った偽走している選手で
よく見るのは
ただセカンドベース方向に
体を向けるように1歩だけ
スタートを切る選手です。

 

これだけの動作では
内野手も含め、バッテリーが
「ランナーが走った!」
とは思いません。

 

偽走スタートは
あくまでバッテリーに
走った!」と思わさなければ
意味がないですので

そこまでは
盗塁と同じようにスタートを
切ることを心がけましょう。

 

 

2つ目のポイントは
どのポイントまで
盗塁のようにスタート切るのか、です。

このポイントのターゲットは
キャッチャーになります。

 

ピッチャーだけでなく
キャッチャーも
ランナーが走った!」と
思わせないと意味がありません。

 

ですので
キャッチャーが
ランナーから目を切るまで
セカンド方向に走るようにしたいです。

ランナーからすると
3歩〜5歩は走ることになります。

 

キャッチャーが目を切るまで
偽走スタートができれば
キャッチャーは2塁送球のために
ステップを踏む動作まで行きます。

キャッチャーが
ここまで動きを取れば
偽走スタートの意味は十分あります。

これを続けることで
相手は警戒心を持ち続けますし
プレッシャーを与え続けることができます。

また、
いざ盗塁となった時に
盗塁成功率も上がったりしますので
より攻撃側にペースを持ち込むことができます。

 

この偽走スタートの注意点は
偽走スタートをしたところから
しっかり戻ることが必要ですので
その練習も合わせてするようにしましょう。

 

是非、実践してみてください!

 

 

スクリーンショット 2017-05-22 17.28.45