ピッチャーは
基本的に低めを攻めてきます。

 

そのため
バッターは低めを上手く打つことで
打率を高めることに繋がります。

 

そこで今回は
低めのボールを打つコツと練習方法
をお伝えしたいと思います。

 

低めを打つポイントは
『インパクトと顔の距離』
『押し手』
です。

 

この2つのポイントを
理解しておくことで
低めを打つことが出来ます!

しかも長打を!!

 

低めというのは
インパクトが目から遠くなるので
見極めたりすることが難しく
打者からすれば
打ちづらいボールになります。

 

目からの距離が遠いため
低めのボールに対して
上体を近づけていくバッターがいます。

 

そうしてしまうと
インパクトと顔の位置が近くなってしまい
インパクトとの距離が取れないため
詰まったり、泳いでしまったりします。

 

ですので1つ目に覚えて頂きたい
ポイントは『インパクトと顔の距離』
となります。

この画像のように
インパクトの瞬間にしっかりと
距離を取るようにして下さい。

 

そうすることによって
インパクトの時に
バットに角度がつくことによって
打球が上がるようになります。

 

この距離を取るために
大切になるのが
2つ目のポイント
『押し手』です。

この画像のように
押し手を伸ばした位置で
ポイントを作る意識を持つと
押し手で距離を測ることが出来ます。

 

これは低めだけに限らず
どのコースについても
同じことが言えます。

 

ではどのような練習をすればいいのか?
疑問になると思います。

 

こちらの練習をしてみて下さい。

 

ご紹介する練習は
引き手でバットを握り
押し手は親指と人差し指の間で
支えるようにします。

そこから押し手を
真下に押す動きをします。

この時に注意することは
下記の写真のように
体の中心で手首が返るようにしましょう。

 

この練習をすることで
低めのヘッドの使い方と
距離の取り方も
身に付けることが出来ます。

 

この動きが出来るようになったら
下半身を回しながら
同じ動きをするようにしましょう!!

 

低めの打つ方が分からないあなた!!
是非、参考にして下さい。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録