こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

あなたは1塁ランナー時に
ベンチからエンドランの
サインが出た時

どのようなことを考えて
どのような事を想定しますか?

 

もちろん
試合の状況や流れや
イニング、点差によって
考える事も変わってきますが、

どのケースでも
3パターンくらいは頭の中で
想定するのではないでしょうか?

 

例えば、
・ライナーバック
・ヒット時の3塁進塁
・バッターの空振り時の盗塁
などなど考える事は
たくさんあると思います。

 

その中でも状況はどうあれ
「3塁進塁」というのは頭の中に
浮かびやすいのではないでしょうか?

 

ヒットでの3塁進塁はもちろん
捕手の後逸時の3塁進塁、
内野の送球間に3塁進塁など

いくつか想定する中に
3塁進塁というは
必ず入ってきますよね。

 

しかしながら
エンドラン時の3塁進塁という考えが
時に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

それはエンドランの
スタート後の『走路』です。

エンドランと言っても
ランナーは盗塁をするように
スタートします。

 

もし仮に
バッターが空振りもしくは
見逃しをした場合には
そのまま盗塁を成功させるべく
2塁へ走らなければなりません。

 

この時に押えておきたい
ポイントあります!!

 

よく聞く言葉としては
「盗塁と同じようにスタートを切れ!」
という注意点を
聞く事があると思いますが、

 

今回紹介するポイントは

『盗塁と同じ走路で
 スタートを切れているのか?』

という所になります。

エンドランのサインといっても
バッターがバットに当てるまでは
盗塁と同じになりますよね。

 

その間に
3塁進塁を意識しすぎて
普段の盗塁の走路よりも
膨らんでしまっていませんか?

 

エンドランといっても
ランナーはバッターが打つまで
盗塁と変わりません。

 

膨らむ意識がなくても
頭に3塁進塁があるだけで
無意識のうちに画像のように
膨らんでしまうケースもあります。

エンドランのサインが出て
様々なパターンを
想定する事は大事ですが
実際の動きとしては

まず!

盗塁と同じようにスタート切る事
盗塁と同じ走路を走る事
を心がけて下さい。

 

3塁進塁をする為に
2塁ベース手前で膨らむ事は
バッターが打ってから
考えれば十分間に合います。

 

エンドランの時は
必ずこのポイントを
押えておきましょう!

スクリーンショット 2017-05-22 17.28.45