こんにちは!

BASEBALL ONE
阿部将大です。

 

柔軟性というのは
野球選手にとって
重要なものです。

 

柔軟性がないため
・怪我をしてしまったり
・パフォーマンスが上がらなかったり
・動きがぎこちなくなってしまう
などなど問題点も多くなってしまいます。

 

今回は体の硬い選手でも
簡単に柔らかくするための方法
についてを紹介していきます。

 

今回紹介させて頂くストレッチは
今までにも多くの選手の柔軟性を
改善してきたメニューになります。

 

野球の動作の中では
股関節の動きが重要になります。

 

股関節の動きといっても様々ありますが
特に前屈をする動作です。

 

前屈動作では
下半身の後面や背筋などの
柔軟性が必要となります。

 

また骨盤の動きもとても重要です。

 

下半身の後面や背筋、骨盤の動きに
自由がなければ柔軟性を獲得していく
必要があるのです。

 

例えば両足で立った状態で
前屈をしてみてください。

 

この時には基本的には指先が
地面に着くぐらいであれば
それほど問題ではありません。

 

こちらの写真をご覧ください。

前屈しても地面から指先までが
約15cmほどあったのです。

 

これではプレーの中でも
大きな弊害となってしまうのです。

 

実際に
「あるストレッチ」を
1ヶ月間継続してもらったところ
柔軟性の大幅な改善につながったのです。

 

その1ヶ月後の写真がこちらです。

指先から地面までが
約15cmあったにもかかわらず
わずか1ヶ月で指先が地面に
つくまでになりました。

 

この時は選手自身が毎日ストレッチに
取り組んだだけであっという間に
柔軟性も改善したのです。

 

そしてほとんどの選手が
自分の力で動きを
改善させていくことができるのです。

 

前屈をした時に
指先がつかないという
選手のほとんどが
自らの手で柔軟性を
獲得することができたのです。

ではどのようなストレッチに
取り組んでもらったのか?
紹介していきます。

 

まず1つ目はこちらです。

膝を曲げた状態で
つま先を両手で持ちます。

 

この時に胸とももが
引っ付いた状態を作ります。

 

そのままの姿勢で
片足ずつ膝を伸ばしていきます。

 

この時に少し左右に体重移動をすると
動作を行いやすくなっていきます。

 

ある程度伸ばしていくと
ももの裏や膝の裏に伸びている
感覚が出ると思います。

 

そこでゆっくりと3回呼吸を行います。

 

3回呼吸をする時にも
鼻から息を吸い
口から吐くことを意識して
実施してください。

 

少しずつ膝も伸びやすくなるかと思います。

 

次のストレッチはこちらです。

次は座った状態ではなく
立った状態で行っていきます。

 

屈伸動作をするようにして
その時につま先を持ちます。

 

つま先を持ったまま
膝の曲げ伸ばしを行なっていきます。

 

つま先は触れているだけでなく
しっかりと掴むようにしていきましょう。

 

この動作ができるようになっていけば
前屈した時に指先が地面に着くように
なってきているかもしれません。

 

最後のストレッチはこちらです。

このストレッチでは背中の筋肉を
伸ばしていくストレッチになります。

 

前屈動作においても
背中の筋肉の柔軟性は
とても大切なものです。

 

下半身だけでなく背中の筋肉も
動くようにしていくことが
必要となっていくのです。

 

もしかしたら!?
この3つのストレッチを
1週間続けただけで
大きな変化が出る選手も
いるかもしれません。

 

しっかりと変化を感じながら
取り組むことも大切なことです。

 

写真で撮ったり、
地面までの距離を測ったりして
取り組んでみてくださいね!