こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

バッティングにおいて

・打率を上げたい
・飛距離を伸ばしたい
・今よりももっと打てるようになりたい

あなたのお子様もこのような思いで
練習に取り組んでいるのでは
ないでしょうか?

 

こうした思いを実現して!
打撃技術を向上させるためには…
打撃フォームを改善していくこと
が大切となります。

 

打撃フォームを改善するために!

下半身の使い方を見直したり
体の開きを遅くするためには
どうしたら良いのかと
試行錯誤を繰り返しているのです。

 

あなたのお子様も
一度はバッティングで
『開き』について
指摘されたことがあるのでは
ないでしょうか?

 

この開き
早くなってしまう原因ですが、、、

 

指導現場で耳にする

『腰を回せ!』
『軸足に体重を残して打て!』
『軸で回転するように!』

こうした言葉、意識が
開きを抑えようとしても
なかなか改善できなく
なってしまうことがあるのです。

 

これからご紹介する選手も

・こうした言葉をそのまま動作を行い

・開きが早くなってしまい

・速いボールは振り遅れ

・遅いボールは泳いでしまい

・試合ではなかなか打てない

と悩んでいました。

多くの選手はもちろん!

私たちのような
サポートする指導者や保護者が
間違ってしまう思考の1つに

レベルアップをする為には
『何かをプラスしなければいけない!』
そう思っています。

 

たとえ思っていなくても
結果的にそうした取り組みに
なってしまうのです。

 

しかし
「無駄な動きが敵」
となる野球では

何か新たな取り組みなどを
プラスすることだけではなく
やめることも必要なのです。

 

この選手は
「空振りをしてはいけない」
という意識が強く

どうしても
ボールを打ちにいってしまう
癖がありました。

そこで
ボールの見方を変え

あえて!
「空振りをする練習」
を行いました。

軸足(左足)に
体重が乗った状態で
ボールを待つことができています。

ボールの見方を変え
腰を回すことをやめ
軸足で回転することもやめたところ

インパクト時に胸の位置が
しっかりと残るようになりました。

開いた状態から
無理やりバットを出して
打ちにいってしまい

なかなか振り切ることが
できませんでしたが

フォロースルーも
大きく取れるようになりました。

 

『物は使いよう』
という言葉があるように

野球も同様、
使い方を間違ってしまうと
逆効果になってしまったり

時には取り返しが
つかなくなってしまう
状態にもなりかねません。

 

日々、変化すると
言われているフォームを
良い方向へとレベルアップ
させていくためには!

何かをやめたり
何かを加えたりすることを
適切なタイミングで
取り組んでいくことが必要なのです!


腰を回すのをやめ
体重移動は何なのか?ということを説明し
体重移動を習得するためのドリルを
行なった選手です。

 

小学生という時期の選手が
レベルアップしていくためには

私たち大人が
『適切な言葉』を選択して
サポートして行くことで

どんどん!
レベルアップしていくものですよ!

tai