こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

ピッチャーにとって
体の開きの早さを改善するだけで

劇的にレベルアップすることも
珍しくありません。

 

あなたは
開きが早いと言われた
経験はないでしょうか?

 

おそらく!
一度は言われたことが
あるかと思います。

 

ピッチャーにとって
体の開きが早くなれば…

球速が上がらないばかりか
コントロールも定まりにくく
故障のリスクも上げてしまいます。

 

こうしたことから
「体が開くな」という指摘は
投球動作を理解した中で
アドバイスをしていかなければ

一向に改善されないばかりか
悪い方向へ進んでしまうこともあります。

 

そして!

決して意識だけでは
なかなか改善できないのです。

 

だからこそ!

開きが早くなってしまう原因は何なのか?

 

そして
開きを遅らせることができる
フォームを獲得するためには
何をするべきなのか?

 

明確な改善策を伝えなければ
少年野球の選手のフォームは
なかなか改善することができません。

 

こちらの選手をご覧ください↓

こちらの選手は
テイクバック動作に問題があり

トップを作る段階で
肘が上がってこないので
無理矢理、開きを早くして
腕をスイングして投球をしていました。

 

そこで
テイクバック動作を改善する練習方法

体重移動を改善する練習方法を行い

開きを遅らすことが
できるようになりました。

こちらの写真は左足が
完全着地した時のフェーズです↓

左側・改善前より
右側の改善後の方が

開きを遅らすことができ
投球をすることが
できるようになりました。

 

特に!

少年野球の選手に言えることですが

「開きが早いぞ」

「もっと開きを抑えて」

などと言ったところで
フォームは改善できません。

 

私たち、サポートする側の大人が

様々なドリル(練習方法)を用しながら
子供達に動きを体で習得していくように
サポートして行くことで

フォームを改善していけるように
なっていくものですよ。

 

投球動作というのは
複雑な動きであり

少しでも
間違って取り組んでしまうと
それがクセとなり伸び悩んだり
怪我の原因となってしまうものです。

だからこそ!!

投球動作の全てを理解した中で
様々なチェックしていく
ポイントを明確にして
取り組んでいかなければいけません。

 

投球動作の本質を知ることで
今まで曖昧で理解していた

『肘が下がってはいけない』

『開きが早い』

『リリースを前で離せ!』

などといった
曖昧でなんとなく
理解していたことが

明確なラインとして
理解できるように
なっていきます。

 

ぜひ、これからの
可能性を秘めている
子供達のために

感覚的な指導ではなく
本当に必要なことを
伝えてあげてくださいね!