こんにちは!

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

野球界では
左投手対左打者は左投手が有利
ということがよく言われます。

 

確かに投手によっては
有利な時もあると思います。

 

しかしバッターによっては
左投手が得意なバッターもいるので
一概に全てが有利であるとは言えません。

 

今回は左投手が苦手なあなたも
得意であるあなたにも

左投手のスライダーを泳がずに
逆方向へ打つコツ
お伝えしたいと思います。

 

そもそも何故左投手のスライダーを
泳ぐことが多くなるのかと言うと
角度と、打者の走る方向に原因があります。

 

左投手のストレートも
変化球もどちらも
左打者から見て外に逃げていく
ボールになります。

 

そして
左打者は打った後に
一塁ベースに向かって
走るので体重が踵側へ
乗りやすくなりなります。

 

要するに体が開きやすい上に
ボールの軌道は体から遠くに
離れていくような軌道になる訳です。

 

この動きを理解することで
改善する方法を考える必要があります。

1つ目の改善方法としては
打ち終わった後に三塁側に走る。

 

打ち終わりに体重のかかる方向が変われば
開く原因を改善することができます。

 

体から逃げていくボールに対して
自ら近づいていけば言いわけなのです。

 

よく踏み込んでいくことを
指導されることがあると思いますが
無理に踏み込もうとしても
右肩が入ってしまい
振り出す瞬間にボールを見ようとして
肩が開いてしまうことがあるので
ただ踏み込んで行くよりも
体重のかかる方向を変える方が
開きを抑えることができます。

 

2つ目は
左投手のボールの軌道を消す。

この画像の左のように
左投手の角度を
消すことができれば
右投手と同じように
打ちに行く事ができます。

 

これらの事をまずは
理解するようにしましょう。

 

さてそれではこの左バッターの
特徴を理解した上で
どのようにスライダーを泳がず打つコツは
インパクトを左足の前にする事です。

この画像のように
インパクトを左足の前まで持っていけば
ボールを引きつける事ができます。

 

ボールを引きつける事が出来れば
泳ぐことはなくなります。

 

そしてもう一つのコツは
左足の踵を回さないことです。

この画像はインパクトの瞬間です。
インパクトの瞬間に踵を回さなければ
投手方向に体重移動を遅らす事ができるのと
下半身の回転を遅らせる事ができます。

 

そうすれば
インパクトの瞬間にボールを
引きつける事ができる訳です。

 

そうすれば自然と
バットの角度がレフト方向へ向き
反対方向へ打球が飛ぶようになります。

 

これらの事を実践する事で
左投手のスライダーであっても
泳ぐ事がなくなり
反対方向へ強い打球が
飛んで行くようになります。

 

ぜひ参考にしてみてください。