愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

グローブの出し方次第で打球は捕れる!

  • HOME »
  • グローブの出し方次第で打球は捕れる!

こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

試合になると
様々な打球が飛んできます。

 

正面の打球。
横の打球。
強い打球。
弱い打球。
高いバウンド。
低いバウンド。

様々な打球がありますが
どんな打球でも対応し
捕球していかなければなりません。

 

その中でも
苦手な打球、得意な打球
というものがあると思います。

 

そこで今回は
『横の打球』の処理について
お話していきます。

 

まずあなたは
こんな経験ありませんか?

 

「グローブを出したら
 ボールが入ってくれた」

そうやって捕ると
本人も驚いたような顔を
することがあります。

しかし
これは偶然なのでしょうか?

 

特に横の打球というのは
ギリギリのプレーが多いです。

 

そういった打球に対して
グローブを出してみて
ボールが捕れた
というのも必要なものです。

グローブを出してみて
ボールが入ったという動きは

必ずグローブが
下から上に拾い上げている
動きをしています。

 

これはあなたも
「グローブは下から」
と意識していると思います。

 

そのグローブを下から出すこと
の他にもう一つグローブに関して
大事なことがあります。

 

それは
グローブの出すタイミングです。

 

いくら下から出すと意識していても
出すタイミングが遅ければ
上から出すことになってしまいます。

 

下から出すということは
必ずグローブが先に出た状態
ということなのです!

 

よく
「グローブを出して走るな」
と言われますが
それは動く範囲が
広い場合のことで

特に内野手の場合
動く範囲は狭いので
グローブを少々
早く出してしまっても
問題ありません。

 

構え遅れをしてしまうと
グローブを下から出すことが
できずに捕球することが
できなくなります。

 

ですので
グローブを出して
ボールが入ったというのは

偶然というのではなく
グローブの出し方がよかった
ということなのです!

 

そのグローブの出し方を
身につけられれば
スライディングして
捕球することもでき
活躍をすることができます!

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.