あなたはベースを蹴る時、どちらの足で蹴っていますか?

 

・長打を打ったとき
・ヒットを打ちオーバーランをするとき
・2塁からホームへ帰るとき
など、いろいろなケースがありますが、どちらの足が良いのでしょうか?

 

答えは、どちらの足でも構いません。

 

ベースを回ることにおいて一番大切なことは、どちらの足で踏むかではなく『加速すること』が第一です!

 

このことを前提においた中で、どちらの足で蹴るかという風になってきます。

 

ベースを強く蹴り、加速する中で「左足」で蹴れればよりベターです。

 

なぜなら、、、
左足の方が体の傾きを作りやすく、進行方向へ次の一歩が踏み込みやすくなります。

27

また、左足を軸として回ることができ、外側へ力を逃さないように走ることが可能になります。

 

ですが、あくまでこれは自然に左足で蹴れた場合です。
必ず、左足で蹴る必要はありません。

 

塁間の距離は27.431m(少年野球は23m)ですが、打席でバッティングをした際、

インコースを引っ張って前足が一歩引いてしまう。
変化球に泳がされて一歩前に出てしまう。

などボールを打つとスタート地点は毎回毎回異なってきますよね。

 

ですので、10回中10回同じ足でベースを蹴ることはなかなか難しいことです。

 

その時その時に合った方の足でベースを強く蹴ることを意識しましょう。

 

特に小学生のチームは走塁ができるチームとできないチームで大きな差が出ます!

 

そして常勝軍団と呼ばれるチームは走塁に対しての意識が高いです。

 

アウト1つ取られても1つでも先の塁を狙う。

ヒットを打っても1つでも先の塁を狙う。

その取り組みが少ないチャンスで得点することができます!

 

また良いピッチャーとの対戦でもノーヒットで1点を取るということもできます!

 

ですので

・勝てるようになりたい!
・レギュラーになりたい!
・強いチームへ進学したい!

そう考えているあなたはぜひ、走塁技術を身につけてください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録