ベースランニングを行なう際に
一番よく目にする走塁が

ベースの手前で減速してしまう

ことです。

 

これは
オーバーランに限った事ではなく、
駆け抜けでも同じ事が言えます。

 

ベースを踏む足は
どちらでも構わないのですが、
ベースの踏むために

・ベース手前で小刻みに合わせてしまう、

・大股で合わせてしまう、

・最後に飛んでしまう、

という形で
減速してしまう選手が
多くいます。

 

毎回言っていますが
この少しの減速

・次の塁に進塁できるかどうか、

・セーフになれるかどうか、

重要なポイントになってきます。

 

今回は
ベース手前で
減速しない為のコツ
紹介していきたいと思います。

 

ベースを踏む時の『目線』

走っている最中に
あなたの目線はどこにありますか?

 

ベースを踏むにあたって
この目線というものが
非常に重要になってきます。

 

駆け抜け時に
ベース手前で飛ばない為の、

ベースを回る際に
小刻みに歩幅を合わせない為の、

減速しない為の重要なコツは、、、、、

 

ベースの踏む位置から

目線を外さない

事です。

 

このコツは
実践してみる事が一番ですが、

自分が踏みたいところから
目線を外さずに
そこを目掛けて走っていくと
自然とベースに歩幅が合ってきます

 

これができると
ベースの手前で
小刻みに合わせたり、
ベース手前で飛ぶ事が
なくなってきます。

 

また、
これができるようになると
次はどちらの足で踏むかを
イメージしながら
走る事によって
踏みたい足にも
合ってくるようになります。

 

初めは
半信半疑になるかもしれませんが

踏みたい箇所から
目線を外さなければ
必ずベースに
歩幅が合ってきますので

是非、実践してみてください!

 

ベースを踏む時の『体の傾き』

「体の傾き」と聞いて
どのような形で
ベースを蹴ればいいのか
イメージがつくでしょうか?

 

「体を内側に倒せ!」

「プレートの方へ体を傾けろ!」

と言われた事、聞いた事が
あると思いますが、

実際の形として
どのくらいベースに対して
体を傾ければいいのか?
と、疑問に思った事も
あるかと思います。

 

特に小・中学生に
「体を内側に倒せ!」と言うと
体の軸などを全く意識せず、
顔だけが傾いてしまっている
選手が多くいます。

スクリーンショット 2016-07-21 5.51.08

このように
顔だけ傾いてしまって体が
一直線になっていない状態では
傾きが不十分となり、
うまくコーナリングを
することができません。

 

頭の中では投手プレート方向に
体全体が倒れるか倒れないかぐらいの
イメージで入っていく事で
体に傾きが生まれ
次の塁に速く到達する為の
コーナリングが可能となります。

スクリーンショット 2016-07-21 5.50.38

 

この時に先程も言った
体の軸を意識してもらい
体が一直線になる事
を心がけましょう。

 

チェックポイントとしては
肩のラインと腰のラインが
平行になっていなければ
一直線で軸を作れていない
事になりますので

肩と腰のラインが
平行になる中で
傾きをしっかりと作る事で
良いコーナリングをする事が
可能となっています。

スクリーンショット 2016-07-21 11.17.23

 

常勝軍団と呼ばれるチームは
走塁に対しての意識が高いです。

 

アウト1つ取られても
1つでも先の塁を狙う。

ヒットを打っても
1つでも先の塁を狙う。

その取り組みが
少ないチャンスで
得点することができます!

 

また良いピッチャーとの対戦でも
ノーヒットで1点を取るということも
できます!

 

ですので

・勝てるようになりたい!
・レギュラーになりたい!
・強いチームへ進学したい!

そう考えているあなたは
ぜひ、走塁技術を
身につけてください!

 

走塁技術について解説した
オンラインセミナーも
満足いただいた声を
いただいております!

 

あなたもぜひご覧ください!

【1塁ランナー】

sourui

【2塁ランナー】

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-13-41-11

【3塁ランナー】

スクリーンショット 2017-03-21 23.52.50