ロゴ

 

重心の位置

バッティングの中で
タイミングがうまく取れない
悩んではいませんか?

 

バッティングをする中で
よく耳にするのが

・タイミングさえ合えば打てる!
・ちょっとタイミングが遅かった!
・ちょっとタイミングが早かった…
といった言葉です。

 

こういったことを
よく打ち取られた時に
言う選手がいます。

 

ですが本当にタイミングが
ずれてしまっただけなのでしょうか?

 

そもそも
なぜタイミングが合わないのか?
あなたは考えたことが
ありますか?

 

ただタイミングが
ずれただけなのであれば
タイミングを改善するだけで
打てるのでしょうか?

 

おそらく
そんな単純なことでは
ないはずです。

 

タイミングが
ずれてしまった原因が
そもそもどこにあったのか
知らなければ
タイミングを合わせることは
難しいでしょう。

 

なぜタイミングが合わなかったのか?
その原因の一つを
ご紹介していきたいと思います。

 

タイミングが合わない原因は
多く存在します。

 

その中でも今回は
タイミングの悪さを改善する
構え方をお伝えして
いきたいと思います。

 

まず確認していただきたいのが
構えた時の重心の位置です。

 

構えた時に頭の位置が
体の真ん中
あるいは
ピッチャー側に傾いてしまう
と軸足の股関節に体重を乗せきれず
タメ、間が取れずに
すぐに打ちに行ってしまいます。

 

そしてそのまま
スイングをする時に
頭が突っ込んでしまい
ボールを待ちきれず
タイミングが合わなくなるのです。

 

これが
タイミングが合わない選手の
共通点の一つです。

 

もちろん!
意識して構えから重心を前にし
自分のクセを理解していて
構えている選手は問題ありません。

 

ですが無意識に悪い例のように
構えているとタイミングが合わせづらく
なってしまうということです。

 

タイミングを合わせる上で
構え方というのは見落としがちですが
この悪い例のような形に無意識に
なってしまっている選手は

 

軸足の股関節にしっかり体重を
乗せていくことができず
タメが作れていない状態で
打ちに行ってしまい
足を下ろすタイミングや
打ちに行くタイミングを制御できずに
体が突っ込んでしまったりして
悪い結果に繋がってしまう
傾向があります。

 

このように構え方が原因で
タイミングがずれてしまうことも
あります。

 

あなたはこのような構え方に
なっていないでしょうか?

 

またこういった画像の悪い例のような
構え方になってしまうことで
軸足に回転するための
エネルギーが溜められないまま
打ちに行ってしまうことで
回転力が弱まり
タイミングが合ったとしても

強い打球がいかなく
なってしまいます。

 

構え方が悪いと
このような悪影響も
出てきてしまうのです。

 

グリップの位置

野球を始めた頃は
何も考えず自然な構えで
スイングをしていたかと思いますが

レベルアップのために
試行錯誤をしていると

構える時のグリップの位置は
高い方が良いのか?

それとも
低い方が良いのか?

どうしたら良いのか
迷ったりするものです。

 

あなたは
そのような経験はありませんか?

 

このグリップの位置が
合っていない状態で
スイングしてしまうと

振り出しが毎回バラバラになり
タイミングがずれてしまったり
スイング軌道が
ずれてしまうことがあるものです。

 

そうならないためにも!

『構え方』というのは
あなたのお子様に
最適な形を見つけ出して
スイングをしていきたいものです。

 

そんな構え方について
動画でご紹介していますので

ぜひ!ご覧ください。

動画でご紹介している内容は
あなたのお子様が

「どんなイメージをして
スイングしているのか?」

ということを確認して
実際のスイングと
照らし合わせながら
ご覧頂くことで
よりスムーズなスイングを
手に入れることができます。

 

バッティング最初の動作である
構え方でしっくりくる形というのを
見つけ出してくださいね!

もし、どうすれば良いのか
わからなくなった時や

そもそも
どの状態が良くて、何が悪いのか
わからないのであれば

その撮影したフォームを
BASEBALL ONEにお送りください!

BASEBALL ONEでは
実際に店舗にお越しいただかなくても
スマホで撮影したフォームを送りだけで

あなたのフォームを
細かく解析させて頂き

現状のフォームの解析と
さらなるレベルアップのための方法を
ご提案させて頂きます。

▼▼▼詳細はこちらをタップ▼▼▼