バッティングの中で多い悩みとして
突っ込みが挙げられます。

 

あなたは
突っ込んでしまい
どうしても詰まってしまう…
そんなことはありませんか?

 

突っ込んでしまう選手に
共通して挙げられる原因が
軸足にタメを作ることができない
という点です。

 

軸足に
(右打者であれば右足
左打者であれば左足)

タメが作ることができなければ
ステップ足を踏み出すと同時に
体は流れてしまうのです。

よくプロ野球選手の
好調の秘訣についてのインタビューで

軸足に体重を乗せて
体が流れないようにしている

という内容をよく耳にします。

 

プロ野球選手がそれだけ
意識するわけですから
軸足にタメを作ることが大切
だということも納得できますよね。

そこで軸足にタメを作る動きですが
ただ単に軸足に体重を乗せればいい
というわけではありません。

 

よく軸足に体重をかけようと
キャッチャー方向に傾いてしまう選手がいます。

キャッチャー方向に傾いてしまえば
スムーズに振り出しができません。

 

ではどのように軸足に体重を
乗せていけばいいのでしょうか?

 

そこでポイントとなるのが骨盤です。

腰からお辞儀するような形で
上半身を傾ける姿勢を取ることで
バランスよく立つことができ
軸足に体重を乗せることもできます。

 

軸足にタメが作ることが
できない選手というのは
背中が丸まってしまいます。

首が傾いてしまったり
ただ単に軸足に体重を乗せようとすると
背中が丸まってしまい
軸足にタメを作ることができません。

 

軸足にタメを作る時には
骨盤というところもポイントを置いて
取り組んでみてください。

 

最後に!
軸足にタメを作る練習方法
あなたにシェアします!

 

▼練習動画はこちらから▼

手順①

スクリーンショット 2015-02-07 14.50.23

ミニハードルの前に軸足で立ちます。

ミニハードルがなければ
タオルなどを地面に置き
目印とします。

お尻を背中側に引き
腰からお辞儀するようにします。

この時に
軸足の膝がつま先より前に
出ていないように注意しましょう。

 

手順②

スクリーンショット 2015-02-07 14.50.36

軸足一本で立ったところから
ミニハードルもしくは目印を飛び越え
またここでも軸足一本で立ちます。

この時に背中が丸まってしまったりすると
軸足一本で立つことができません。

 

手順③

fds

姿勢を保ったまま
ステップ足を踏み出し
スイングしていきます。

 

▼練習動画はこちらから▼

ぜひご紹介した練習方法を取り組んでいただき
突っ込みを改善し、試合で活躍する選手へと
レベルアップしてください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録