バッティングで大切となるポイントとして

・打席の中で自分の形でスイングをすること
・状況に応じたバッティングをすること
・タイミングを取ること

この3つが上げられます。

 

特にこの中でも
タイミングが取れないと
悩んでいる選手、指導者の方が多くいます。

 

今回はそんな悩みを抱えている
選手、指導者の方へ
タイミングの取れない選手の共通点について
お伝えいたします。

 

1.股関節への『タメ』が作れているか?

タイミングを合わせる上で
必ず行わなければいけない動作があります。

 

それは
ボールを『待つ』という動作です。

 

この待つ動作を行うために
必要な動きが
『股関節へのタメ』
作る動作なのです。

股関節へのタメの動作が
出来るようになることで

踏み込み足を着地させていくときに
タイミングを合わせる事ができ

投手方向へ上体が突っ込んでしまうことを
抑えることが出来ます。

 

2.トップが動いていないか?

トップが動かないとは
足を着地させてから
振り出しの瞬間までに
トップのグリップの位置が動かない
という事です。

振り出しの瞬間
グリップから動いてしまえば
上半身主導のバッティングになり
打ち出すタイミングが
早くなってしまったり
開いてしまったり
突っ込んでしまったり
タイミングを合わせる事が
難しくなってしまいます。

 

3.体重移動が出来ているか?

タイミングを合わせる中で
体重移動は関係ないのではないか?
と思われがちですが

この体重移動をする事が重要になります。

体重移動とは

軸足側の股関節から
踏み込み足側の股関節へ
体重を移動させる事で

上半身ではなく
下半身の体重移動のことを言います。

 

体重移動を行う中で
キャッチャー方向から
ピッチャー方向へ動きを出す事ができ

この動きの中で
僅かなタイミングのズレを
調整する事が
出来るようになります。

 

タイミングがズレている時というのは
上半身だけでタイミングを
合わせようとしてしまいます。

 

上半身から
タイミングを合わせてしまうと
下半身からの力を使えなくなってしまい
当てるだけのバッティングになります。

 

下半身でタイミングを
合わせる事が出来れば
下半身からの力を上半身へ伝える事ができ
たとえ体勢を崩されたとしても
上半身の開きが出にくいので
バットを強く振ることが出来るようになります。

 

タイミングを合わせるために

・股関節へのタメが作れているか?

・トップは動いていないか?

・体重移動ができているか?

この3つを確認して取り組むようにしてください。

 

Batting Master Program
-下半身フォーム編-

▼詳細はこちらから▼