これまで多くの野球選手が球速をアップさせるための代表的なトレーニングメニューの1つとして、走り込み』と呼ばれるメニューが多く行われてきました。

 

しかし最近では、メディアで科学的なトレーニングを取り上げられることも多く、走り込みをすることは本当に意味があるのか?ということも言われています。

はじめに、、、

走り込みという言葉は抽象的な言葉ではありますが、ただ長距離を走ることも走り込みとなりますし、短距離を何本も走ることも走り込みということになります。

また、メニューによってもそれぞれ目的があり、意味があって行うため、目的なく行うメニューの走り込みに意味はありません。

 

大切となるのが『球速をアップさせる』ことを目的としてどんな意味があるのか?ということを知ることが必要です。

その中でフォームを意識したり、体の動きを感じたりということが大切になっていくのです。

 

そして、あなたに知っていただきたいこととしてまずは、ピッチャーというポジションの特性を踏まえた中で、走り込みと呼ばれるものに対してどのようなメリット、デメリットがあるのか?その点を理解する必要があります。

 

走り込みのメリット

短距離走を数多く走り込むメリットとしては、1回1回、力を発揮するということを繰り返していきます。

 

ピッチャーというポジションは瞬発的な力の発揮を繰り返し行う必要があります。

ダッシュで数を重ねていく度に、力の発揮が弱くなってしまえば、試合終盤になれば、思うようなパフォーマンスを発揮できなくなってしまうことに繫がります。

投球フォーム

数多く走れるようになったから、投球における体力もつくということではありませんが、少なからず心肺系や筋力に繋がるため、このような要素を鍛えることも大切なことです。

また長距離を行う時には、トレーニングの負荷にもよりますが、同じ動作を繰り返し、動作の安定性を獲得することが大切です。

軸足で立つ

投球動作において、安定した動きを作ることができなければ、力を発揮することも継続できません。

より少ない力で継続的に、力を発揮できることが大切な要素になります。

 

これらの投球に必要な要素も含めて、強化していくことも可能となります。

 

走り込みのデメリット

短距離を数多く走ったり、長距離を走る中でフォームが崩れてしまえば、ケガにも繋がりやすくなってしまいます。

またランニングメニューにおいては、目的なく走るだけとなってしまえば、野球のプレーに繋がらないものとなってしまいます。
これでは時間をかけて疲労を蓄積していくだけのメニューとなり、パフォーマンスの向上は期待できません。
つまり、、、「やらされている練習になってしまいやすい」ことが最大のデメリットとなります。

 

ランニングメニューを行う中でメリットを意識した中で、目的を持つということが大切になります。

 

このような、メリット、デメリットがあることを理解し、取り組んでいく必要があります。
このメリット、デメリットを理解しないで取り組んでしまうと、効果が発揮できないものとなりますので、不要なメニューとなります。

しかし、走ることで球速をアップさせるための体の使い方を習得するきっかけを掴んだ選手も数多くいます。
だからこそ、必ずしも不要とも言い切ることは難しいものです。

 

では、球速をアップさせるための目的として走り込みを行うとすれば、どのようなメニューを行うべきなのでしょうか?

 

ピッチャーが球速アップを目的として、取り組むランニングメニューとしては、まず「短距離ダッシュ」です。

距離としては5m・10m・30mが望ましいです。

ダッシュでは反応から1歩目、そして加速が重要です。
ピッチャーではいかに加速していけるのか?という能力が必要です。

また先ほどもお伝えしたように、ダッシュは瞬発的な力の発揮を複数回、行なっていくということになります。

 

次に「中距離のダッシュ」です。

少し長めの100mや200mといった距離を、フォームを意識した形で繰り返し行います。

フォームが悪く、足や腕の振りばかりを使ってしまえば、体力も余分に消費してしまいます。

楽な動きを継続的に行うことが必要になります。

 

最後にご紹介するランニングメニューとしては、LSD」というメニューです。

LSDとは一定のスローペースを保って、長時間走る有酸素運動です。

このスローペースはジョギングより遅い、会話ができるほどのスピードで走ります。

LSDはリカバリーとして行うメニューとなります。

 

リカバリーとして行なっていくことも、球速をアップさせるためには必要なメニューの1つとなります。

 

「走り込み」そう呼ばれるものから、自分のパフォーマンスにおける、動きの違いも感じることができるようになる選手もいます。

「走り込み」には賛否両論がありますが、選手によって必要なメニュー、そうではないメニュー、さらには取り組んだ方が良い時期、そうではない時期とあります。

行うべきランニングメニューは1人ひとり分かれるものなので、今あなたはどの状態、どの時期なのかを確認し、しっかりとした目的を持つことで、走り込みは球速アップをさせる要因の1つとなります。

今がどの状態で、どの時期か考えず、また目的を持たずに走り込みをやってしまうと、ケガの負担がかかるばかりです。

あなたの今の状態に合わせて、走り込みを行うようにしていきましょう。

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録